2018年01月06日

正月と誕生日が同時にやってきた、初詣は応仁の乱発祥の地御霊神社

DSCN0841.JPGDSCN0841.JPGDSCN0846.JPGIMG_1808.JPGIMG_1822.JPGDSCN0832.JPGIMG_1848.JPGDSCN0825.JPG
 正月と誕生日(3日)が毎年一緒にやって来る。今年もFacebookで多くの人から「おめでとう」のメッセージをただいた。ありがたいことだ。御礼申し上げます。
 次女直子が東京からやってきて、正月を一緒に過ごしてくれた。我が家での正月風景を写真でご覧ください。
 初日の出は残念ながら雲の向こうで光っていた。おせち、雑煮、お酒は1770年創業という「栄光富士」の純米吟醸。おだやかな正月だった。
DSCN0842.JPGDSCN0841.JPGDSCN0838.JPGDSCN0836.JPGDSCN0840.JPG
 初詣には上御霊神社へ。出町柳から寺町を抜けて、相国寺を北に上がる。
 この辺りは寺町の名の通り、本満寺、仏陀寺、十念寺、阿弥陀寺、光明寺などが秀吉時代の様相を留めて連なっている。
 御霊神社は桓武天皇(在位天応元年781年~延暦25年)によって創建された、皇室とゆかりの深い神社という。
門の脇に、応仁の乱発祥の地とあった。当時この辺りは深い森林が広がっていたらしい。応仁元年1467年、幕府管領家の畠山政長と畠山義就が家督争いの末境内の森で合戦となったことが発端となり、細川勝元と山名宗全の全面戦争に発展、京都の大部分が黄塵に帰した。
 思わぬ成り行きで、過去の日本の歴史の一端に触れることになった。
posted by media watcher at 15:56| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

あけましておめでとうございます。

IMG_4024.JPG1710 東大寺DSCN0726.JPGDSCN0715.JPG
皆さま、あけましてめでとうございます。
Facebook, Twitterでおつきあいいただいて、ありがとうございます。
昨年10月に東大寺に行く機会がありました。東大寺では、屋根瓦を一枚寄進、平和を祈念しました。戦乱、政変、飢饉、地震、疫病・・・・揺れ動くこの世を救おうとした聖武天皇に思いを馳せました。
posted by media watcher at 23:38| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

沢田研二(ジュリー)50周年記念コンサート、年の瀬のロームシアターで舞台を縦横に駆け巡り50曲歌い切った。

1712 ジュリーIMG_3994.JPG1712 ジュリー001.jpg1712 ジュリーIMG_4003.JPG1712 ジュリーIMG_4002.JPG1712 ジュリーIMG_4004.JPG1712 ジュリーIMG_3990.JPG1712 心斎橋20171018_osaka1_20.jpg 1712 心斎橋30b9d130.jpg
 今年の年の瀬は、例年になくにぎやかだった。12日、京都の顔見世興行(ロームシアター)、22日、三条寺町のフェ・アンデパンダン、クリスマスライブ、24日大阪心斎橋のアートクラブでの「イブ・ラブソング・ライブ」。
そしてクライマックスは26日「沢田研二50周年ライブ」(ロームシアター)。髪を短髪にしてあごひげを蓄えたジュリーが、舞台を縦横に駆け巡り、休憩なしで50曲歌い上げた。帰り際、沢田のコンサートで呼びかけ続けている脱原発1000万署名にサインした。
心斎橋と岡崎公園のイルミネーションもご覧ください。
posted by media watcher at 14:17| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

大恐慌(1929年)に見舞われたアメリカ、人々を励ましたのはジャズとラジオだった。歴史が音楽、メディアの力を実証してくれる。

1711 As time goes by D Willson 893f686c15bdc140f4b5cc2acde9f14b.1000x751x1.jpg1711 Era b617180a7b4c4351a1b39c37e9e072b1.jpg1711 Plattersdownload.jpg1711 DustySpringfield.jpg
 コミュニティーラジオの音楽番組ミュージックナウ(京都ラジオカフェFM79.7)で、ジャズとアメリカ社会を特集しました(11月8日放送)。1941年〜1966年にかけてのヒット曲です。司会は隅井孝雄と松岡千鶴。人見建設の協力です。
 1. As Time Goes by 1943  歌、Dory Wilson
 1929年、大恐慌に見舞われたアメリカ社会は、ルーズゲベルトの「ニューディール」(1932)で回復を始めました。アメリカ国民に情報と勇気をもたらした存在は、ラジオとラジオから流れる音楽でした。1933年に禁酒法が廃止され、始まったばかりのラジオ(CBS1927)とレコードで、人々は音楽を楽しむようになりました。
 洗練されたムードたっぷりのAs time goes byは、もともとはミュージカル(Everybody welcome,1931)の主題歌でしたが、1943年ハリウッド映画「Casa blanca(ハンフリー・ボガード、イングリッド・バーグマン)」の劇中音楽としてドーリー・ウイルソンが弾き語りして大ヒットとなりました
 2. My Funny Valentine 1957, 歌、Era Fitzgerald
この歌も元々は1937年のミュージカル、1957年にエラが歌ってヒット、1958年映画「夜の豹」でも使われました、フランクシナトラなど男の歌手も歌っています
 アメリカでは、1956年、最高裁がバスの人種差別を違憲とする判決が出て、公民権運動が盛り上がることとなりました。人々はやさしさを求めていたことがこの歌にも、次の歌にも反映されています反映されています。
 3. Smoke Gets in Your Eyes, 1958, 歌、The Platters
 ビッグバンドやスウィングは影をひそめ、歌手やコーラスグループが前面に出て人気を。得る時代となりました。ロサンゼルスで結成されたプラターズが1958年に発表したこの曲は、1959年に全米1位となりました。
 4. You don’t have to say you love me, この胸のときめきを1965年。歌Dusty Springfield
プレスリーが登場し(1955年)、ビートルズがやってきた(1964年)時代、ジャズも多様化します。ビバップ、クールジャズ、フュージョン、ソウルそしてロックンロールなどです。しかしアメリカがベトナム戦争を拡大し、不安定さ増した時代の始まりでもあります。
 1966年に全米4位となったこの曲は、プレスリーがロックのアレンジで歌ったことでも知られています。

posted by media watcher at 22:43| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

ロームシアター(コンサートホール)での顔見世に、歌舞伎ならではの様々な工夫、芝翫の家紋は京都ゆかりの「祇園守り」(八坂神社の護符巻物)、大幔幕の襲名披露目立つ

1712 ローム顔見世DSCN0816.JPG1712 ローム顔見世DSCN0822.JPG1712 ローム顔見世DSCN0819.JPG1712 ローム顔見世DSCN0821.JPGDSCN0813.JPG1712 ローム顔見世DSCN0818.JPG1712 ローム顔見世DSCN0817.JPG1712 ローム顔見世DSCN0814.JPG
 写真、大幔幕、南座の名の「乍憚口上」、名入り提灯、劇場入り口、岡崎公園から見るまねき
 昨日、ロームシアター京都顔見世をFacebookとブログ「メディア・ウォッチ」でお伝えしましたが、それに加え、今回は劇場内部の様子を写真でご覧に入れます。
 開幕前緞帳に重ねて、家紋、「祇園守り」(八坂神社の護符の巻物)の周りを四つの赤丸で囲い、両側に襲名した親子の新しい芸名を大書した大幔幕がひときわ目を引いた。
 劇場のチケット口には南座の名で、一枚板の「乍憚の口上」が大書されていた。今回は疎水べり、岡崎の劇場で上演されること、演目一覧、親子4人の同時襲名などが口上よろしく、7五調で書かれていた。
席への扉前にはやはり4人の新しい名を大書した提灯が飾り置かれていた。近代建築のホールではあるが、歌舞伎情緒たっぷりの工夫が随所に見られた。
 ただ一つ残念だったのは、花道が短いこと、その花道の床の響きがないので、寸法合わせた板を敷いたこと。飛び六法で床がきしんだ。
 ともあれ顔見世は、年末を飾る一幅の風物である。
posted by media watcher at 14:51| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ