2017年08月13日

映画評「ヒットラーへの285枚の葉書」

1708 葉書 320.jpg1708 葉書IMG_3721.JPG1708 葉書1014224_02.jpg
 2017.8.1
 ナチスに抵抗する映画はこれまでたくさん見てきたが、ドイツ国内でヒットラーに抗議の行動を起こした人物を描いた映画は初めてだった。
 映画は冒頭でパリ陥落を描くがそれ以外はすべてベルリン市内中心部ヤブロンスキー通り55番のアパートが舞台になっている。軍需工場の職工オットー・ハンペル(ブレンダン・グリーソン)、その妻でナチ女性同盟のメンバーでもあったアンナ(エマ・トンプソン)、そして姿の見えぬ二人の影を追うゲシュタポの警部(ダニエル・ブリュール)の3人が主役だ。
 オットーは一人息子ハンスが戦死したという知らせを受け、父親として怒りを覚えた彼は「あなたは私の息子を殺した、あなたの息子も殺されるだろう」とはがきに書き付けた。それを市内のあるビルの階段にそっと置いた。
 オットーとアンの葉書を置く行動は、次第に大胆になる。エッシャリヒ警部は置き去られた葉書の回収と犯人の捜査に懸命になるが、アレクサンダー通近くに住む人物だと見当をつけたものの、葉書は100枚、200枚と増え続ける。
 劇中、アパートに住んでいたユダヤ系の住人たちが次々に姿を消しというエピソード、ゲシュタボ警部が、親衛隊幹部に怠慢をとがめられ殴り倒されるシーンなどのエピソードも緊張を高める。
 ゲシュタポの残した記録から、実話をもとにドイツ人作家ハンス・ファラダの「ベルリンに一人死す」が原作。映画は独、仏、英3ヵ国の共同制作であり、台詞はすべて英語で語られる。原題はAlone in Berlin。この方が内容にふさわしい。日本語題名はあまりにも説明的過ぎる。
 ナチの圧政に対し、ベルリンの町中で繰り広げられた抵抗する庶民の姿に感動を覚えた。ラストシーンで285枚の葉書が、ベルリンの中心街を舞うシーンは圧巻だ。
posted by media watcher at 16:20| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

フランス、ドイツに見る「フェイクニュース」と真実、メディアの対策でフェイク封じ込め

1708 仏紙記者IMG_3718.JPG1708 仏フェイクNIMG_3719.JPG1708 マクロン当選見守る記者IMG_3720.JPG
 写真、1. 仏リベラシオン記者、2. 難民についてのフェイクニュース、3. マクロン当選速報見守る記者たち
 トランプ大統領の誕生に一役買った「フェイクニュース」がフランス大統領選挙にも混乱を持ちこもうとしたが、対抗策が功を奏した。「フェイクニュースを阻止せよ〜真実をめぐる攻防」(BS1,6/24)がそのいきさつを描いた。
 リベラシオン紙は、大統領選に先立ちフェイクニュースに対抗する記者チームを立ち上げた。フェイク発信をリストアップし、ウソ、すりかえ情報に反論する記事を紙面や自社ネットに掲載した。ルモンド紙ではフェイクニュースのデータベースを作成、読者のニュース真偽判別の参考に供した。こうしてフランスでは右派マリーヌ・ルペン候補のフェイク策謀に反撃を加えることに成功した。
 選挙を9月に控えているドイツでも、緊張が走る。2年前メルケル首相が難民収容所を訪れた際、肩を並べて自撮り写真をとった難民の青年がいた。ところがその写真が最近のテロ事件と関連付けられ「首相がテロリスト激励」として、ネットに流され、青年は激しい非難にさらされた。
 ドイツ政府はフェイスブックなどのソーシャルネットに「違法投稿を削除するか、閲覧不可にする」ことを求め、怠れば罰金を科す新法が成立した(7/1)。選挙が迫れば、移民の排除など右派がフェイクニュースを持ち込む可能性がある。しかしドイツの新聞やテレビはヘイトスピーチなど対抗してきた長い歴史を基礎に、万全の対策をとっている。
 日本も無縁ではない状況がある。沖縄の基地反対闘争を誹謗するフェイクニュースがつい最近問題となった。一方、オスプレイ「墜落」を、「不時着」と政府が発表し、沖縄以外の多くの新聞、テレビがそのまま報じた。自衛隊の南スーダン派遣部隊が「戦闘があった」と報告したのに、防衛大臣が「衝突」だと言い張った。政府自身によるフェイクニュースだ。
 最近、民間のジャーナリスト、研究者などによる「ファクトチェックイニシアティブ(FIJ)」が発足した(6/21)。「ファクトチェック」の手法で、偽ニュースに対抗措置をとるメディアも目に付くようになった。読者、視聴者にとって、真実、事実を見分けていく新たな「フェイクニュースリテラシー」が必要だ。(すみいたかお、ジャーナリスト)
 赤旗コラム「波動」8月7日掲載
posted by media watcher at 22:22| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュリー・ロンドン、July London, LPレコードをかけて放送する昔ながらのラジオ音楽番組ミュージックナウ 

1708 July London1.jpg1708 July London.jpg
 (Face Book 8/1/17) MW
 LPレコードをかけて放送する昔ながらのラジオ音楽番組ミュージックナウ 
 FM79.7(京都ラジオカフェ)の音楽番組「ミュージックナウ」、前回からLPレコード盤を使用して1950年代、60年代のジャズを放送しています。CDと比べて音がまろやかです。
7月26日の放送、歌手は「魅惑のハスキーヴォイス」として知られる、ジュリー・ロンドン。1950年代、1960年代に、活躍。第二次大戦後の日本でも大いに人気を博しました。
 レコードはイギリスなど海外でのびています。ソニーは6月にレコード生産を発表したばかりです。すでに2月に録音スタジオをつくり、溝のカッティング機材を備え、その場で原版に加工できるようにするため、腕利きの音盤技術者を集めていました。そして89年に閉鎖した静岡工場を再開しました。
 レコードにジャズが吹き込まれたのはアメリカ。1917年最初の録音を担ったのは「オリジナルデキシーランドジャズバンド」でした。大型サウンド・ホーンをバンドの前に置いて音を集めました。のちにマイクが発明され、電気仕掛けで録音する時代はまもなくやってきますが、最初はすべてが手作業でした。2曲しか入っていませんでしたが、バンドがいないのに音楽が聞こえると、大人気になりました。
  ジュリー・ロンドン 1926年生まれ~2000年死去
 カリフォルニア州サンタローザ生まれ。両親がラジオ番組を持っていたため3歳のころから出演し、歌っていた。1944年ハリウッドにスカウトされ女優になったが、俳優のジャック・ウエッブと結婚して引退。1953年に今度は歌手としてデビュー、美貌と魅力ある声で名声を得た。
1. More 1961年のイタリー映画の主題歌、それに英語の歌詞を付けて歌うバラード
2. Fly me to the moon 1954年の曲1962年にボサノバ調で歌い大ヒット
3. Magic in the moon light 原曲は1929年のラテン。テ・キエロ・ディヒステ、1944年に英語版にしたものを歌う
4. Cry me a river 1953年の曲、ジュリーの代表曲の一つ
 以下Cry me a riverのURL
Julie London - Cry Me A River - YouTube
posted by media watcher at 21:27| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

空襲体験紙芝居上演、町田寿二さん(ラジオカフェディレクター)立命館大学国際平和美術館で 8/6/17

1708 リトルボーイDSCN0653.JPG1708 町田紙芝居DSCN0649.JPG1708 町田紙芝居DSCN0648.JPG 1708 町田紙芝居DSCN0643.JPG
 写真1、空襲体験紙芝居、2、神戸の空が赤く染まる、3、防空頭巾被って熱演、4、観客の小学生
 友人のFM79.7ディレクター町田寿二さん(元KBS京都)が「記憶画で語る6歳の時の空
襲体験」を語るというので、立命館国際平和ミュージアムに行った。
 自身の記憶をもとに厚紙に絵を書いて紙芝居形式で語るという趣向だ。戦争末期、6歳の時に、東京から加古川に疎開した体験が元になっている。東隣の神戸、西隣の姫路の大空襲で空が真っ赤に燃える様子、焼夷弾が降り注ぐ光景をくっきりと覚えていて、それを絵で再現した。ちなみに町田さんは日大芸術学部の一期生。絵は達者だ。
 毎晩のように空襲警報が出た、防空壕や押し入れに夜半に逃げ込んだそうだ。ある日加古川駅を発車した列車を3〜4機の艦載機が狙い撃ち、飛行機が去ったあと、銃弾にさらされて血まみれとなった乗客が、次々飛び出してくるのを目撃、それも紙芝居に映像化されている。
 空襲警報のサイレン、ラジオのアナウンサーがまるでスポーツ中継のように読み上げる、敵機襲来の「軍管区警報」、終戦を告げる天皇のラジオ放送なども盛り込まれていた。
 町田君の戦争体験は6歳(小学2年)だが会場には小学2年〜3年生が先生に引率され連れられて来ていた。小学生たちはシンとして、真剣に聞き入っていた。
 終わった後、多くの人でにぎわう戦争展の会場を一巡した。戦時中受難にあって生き延びた青い目の人形が4体ほど展示されていたのが目についた。また、リトルボーイ(広島に投下された原爆)の実物大の模型も展示されていた。この一発が14万人(1945年12月までの死者の推計)の命を奪ったことを考えると、恐ろしい。
私自身は終戦当時小学4年生。岡山県高梁町という中国山脈の中ほどにいたので、空襲にはあってはいないが、戦争が終わってすぐ、廃墟と化した東京に戻った。
 (Face Book 8/7/17) MW
posted by media watcher at 17:24| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界各地ででは原発廃炉盛ん、アメリカ、フランスも原発削減、脱原発の潮流強まる、逆行する日本の原発再稼働

1708 ベルギー原発Brussels-Doel-Tihange20160322.jpg1708 韓国原発o0500048212777212141.jpg1708 仏原発BS1F2IMG_3710.JPG
 BSのワールド・ニュースを見ていたら、F2(フランスのテレビチャンネル)で、「(フランスは)2015年までに原発17基を閉鎖することを検討している」とのニュース(7/11)に接した。これまで私は、フランスは原発大国だという認識しかなかったが、それが覆された。
 私はそこで、改めて日本の原発再稼働や、フランスを含む世界の原発の状況を調べてみた。以下そのレポートである。

 日本、再稼働続々、高浜原発3号、4号が運転開始
 日本では九州電力の川内原発1号機、2号機が2015年8月と9月に再稼働して以来、四国電力伊方原発3号機が2016年8月に再稼働して、原発の再稼働運転がジワリと進み始めた。
大津地裁の仮処分で止まり、大阪高裁で承認をえた関西電力高浜原発3号機が2017年6月7日、4号機が6月16日、相次いで営業運転を開始した。これで営業運転は、川内1,2号機、伊方3号機と合わせ、5基となる。さらに2017年7月現在、関西電力5基、九州電力2基に再稼働許可が出ており、審査中の原発は14基もある。日本は再び原発大国への道を歩むことになる。高浜は私の住む京都府の至近原発であり、事故があれば琵琶湖を含む京都府内の広範囲な放射能汚染の可能性も否定できない。

 関電、安全対策に巨額の費用
 関西電力は今回の高浜3号機、4号機の稼働で、料金を引き下げるといっているが、実は未稼働原発の維持や、再稼働のために巨額な費用が必要だ。関電全11基の安全対策分析委託費、廃棄物処理費などどの維持費は2015年度だけで2996億円だったという。高浜3,4号機の安全対策費には2300億円かけた。この費用は電気料金に含まれているため、世帯当たり年間7000円負担したことになる(朝日新聞6/17の試算)。
 朝日新聞の報道によると、今秋には大飯3,4号機の運転が計画され、以降も5基を動かすことが想定されている。これら安全対策にかかる費用は8300億円と見込まれているがこれに加えて、飛行機突入などの「特定重大事故対策施設費」(特重費)が必要とされるため、加えれば1兆円を超えると試算されている。

 韓国、脱原発政権誕生
 韓国には現在25基が稼働中、5基が工事中、4基が建設準備中だ。ところが脱検発を公約したムン・ジェイン(文在寅)大統領が誕生、大きく状況が変わった。すでに「韓国水力原子力社」が建設準備中の2基の設計を中止、6月18日には最古の古里原発1号機が運転中止した。さらに建設から30年経過した月城1号機の稼働停止を求めた住民訴訟に対し、ソウル行政裁判所は稼働延長を取り消す決定を下している(2/8)。現在ソウル高裁で審理中だが、まもなく決定が出るとみられる。ソウル発の共同通信によれば、6月19日、停止した古里原発を訪れた大統領は「新規の原発計画は全面的に白紙にする」と脱原発宣言した。

 台湾国会で脱原発可決、ベトナムは日本原発発注を中止
 台湾では3か所6基の原発(その内2基が停止中、1基が点検中)があるが、蔡英文政権が提案した脱原発の電気事業改正法が今年1月11日に立法院で可決成立、2025年までに原発の運転をすべて中止、再生エネルギーを普及拡大することが決まった。
 ベトナムでは、ロシアと日本にそれぞれ2基の原発を発注していたが、財政事情の悪化と市民の環境意識の高まりから、2016年11月、日本およびロシアへの発注を両方とも取りやめることを決めた。
日本の安倍政権はベトナムで成功すれば、アジアにおける原発輸出のモデルと勢い込んでいたが、思惑倒れに終わった。

 スリーマイル原発廃炉決まる、原発閉鎖次々、採算見込めず
 アメリカではコスト面から原発閉鎖の方向が見えてきた。5月30日、米電力大手、エクセロン社が、スリーマイル島原子力発電所(ペンシルバニア州)を2019年に閉鎖すると発表した。1979年に2号機が炉心溶融事故を起こした、あの原発である。2034年までの運転認可を持ち、事故後も1号機が稼働していたが、シェールガス、石油などの価格の下落で競争力を失った。採算に合わないとして閉鎖が決まった。
 アメリカでは2013年から16年にかけて、6基が閉鎖した。稼働中の原発は57事業所99基あるが、2021年にはニューヨーク市近郊のインデアンポイント原発が閉鎖することが決まっている。スリーマイル原発を含め今後5年間で5基が廃炉となる。

 ベルギーで老朽原発閉鎖求め、5万人の人間の鎖
 ドイツで2011年7月、福島原発事故の直後、当時17基稼働していた原発原子力発電を2022年末までに全廃することを決めたことはよく知られている。そのドイツと接するベルギーでティアンジュ、ドール二基の老朽原発の停止を求めて6月25日、ヨーロッパ化各地からの5万人が参加する「人間の鎖」行動が行われた。
 ロイターの報道によれば、ティアンジュ原発のある、ベルギー東部のユイからリエージュを経由、オランダのマーストリヒト、ドイツのアーヘンを結んで90キロにわたった。
 両原発は2015年に廃炉となるはずだった老朽原発だが、ベルギー政府が25年まで延長を認可したことで、周辺国のオランダ、ドイツでも不安が広がっていた。

 フランス、原発17基閉鎖か?
 原発の全廃を決めたドイツの隣国のフランスは、原発大国として知られる。しかしエマニュエルマクロン内閣の閣僚となった、二コラ・ユロ、エコロジー相が7月10日、「2005年までに原発17基を閉鎖するつもりだ」と発言したことが、衝撃を呼んでいる。フランスには現在58基の原発があり、電力の77%を供給している。
 エネルギー相の発言は、2025年までに原発依存を50%にするためには17基〜20基の原発を廃止する必要がある、との会計検査院の勧告を受けたものだと「フランス2テレビ」は伝えている。フランスは前オランド大統領の政権下で、原子力依存度の削減を打ちだしていたが、マクロン新大統領の政権は、それを一歩前へ進めるのかもしれない。
 フランスの原発依存度は全エネルギーの77%に達しているが、政府は50%まで引き下げることを当面の目標としており、再生エネルギーを大幅に増やすことを計画している。
フランス新政権の原発削減の方針に、フランス原子力公社は反発しているため直ちに17基削減は実現しないという見方もある。

(本稿は2016年6月12日に京都コミュニティーラジオFM79.7の放送原稿に、その後8月初旬にかけて加筆、修正を行った)
posted by media watcher at 16:58| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ