2020年03月12日

日本の広告費2019年発表(電通)、ネット広告初めてテレビ上回る

2003 広告費IMG_0052.jpg
日本の広告費2019年発表(電通)、ネット広告初めてテレビ上回る
 電通が「2019年日本の広告費」(推定)を3月11日発表した。それによると総額は6兆9381億円、前年比6.2%増。中でもネット広告は伸びが6年連続し2桁の伸びを示し、2兆1048億円とはじめて2兆円を超え、テレビ広告を上回った。
 メディア関連では軒並み昨年比減だった。テレビ1兆8612億円(前年比97.3%)、うち地上波7345億円(前年比97.2%)、衛星メディア1267億円(前年比99.4%)、新聞広告4547億円(前年比95.0%)、雑誌広告1675億円(前年比91.0%)、ラジオ広告費1260億円(前年比98.6%)。雑誌の落ち込みが目立った。
 しかし大型モニターへの動画配信が盛んなアメリカと比べて、日本では地上波テレビ、基幹新聞など既存メディアの力はまだまだ強い。既存メディアの側も生きのこりの技術を駆使して、頑張りを見せているといえるだろう。
posted by media watcher at 12:31| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内閣官房VS羽鳥モーニング

2003 3内閣官房ツイートIMG_0043.jpg2003 3内閣官房ツイートIMG_0043.jpg
内閣官房VS羽鳥モーニング
 民放系のワイドショーで連日新型コロナウイルス問題が取り上げられている。3月5日の放送で、テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」で安倍首相の「特措法改正へのこだわりは後手後手に回っている批判を払しょくするために、総理主導をアピールしからだ」との批判的コメントがあった。それに対し内閣官房感染症対策室は3月6日、番組を名指しして批判、「あらゆる事態に備えるためだ」と2回にわたってツイートした。この内閣官房については「毎日新聞」(3/7)と「赤旗」(3/8)が相次いで批判的に報じた。
 内閣官房感染症対策調整室のツイートをご覧ください。
 さらにネット情報誌「リテラ」(3/7)は、「羽鳥モーニング」の番組出演者の岡田晴恵・白鷗大教授の「医療機関に真っ先配布する必要がある」という指摘に対し、対策室は「医療機関に優先供給を行っている」と、番組内で事実に反する発言があったかのようにツイートしたことは、政府による言論統制だ、と批判している。

posted by media watcher at 12:27| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

東京五輪、開催か、中止か、毎日新聞両面記事、大きく掲載、2/27

2002 五輪IMG_0035.jpg5c6368f0260000d202fd62e1.jpg
 東京五輪が開催するか、中止へ向かうか、両面に取れる記事を、毎日新聞が掲載した(2/27)。IOCディック・バウンド委員の、"3カ月後もコロナウイルスが収束していなければ、中止を検討するだろう"との発言を大きく伝えた。判断の期限は5月下旬になるという。すでにコロンビアの卓球、体操、柔道チームは日本で2月28日から予定していた北九州での合宿、3月15日からの埼玉県での合宿等を中止している。
 その一方、IOCは中止すれば「巨額」の放送権収入を棒に振ることを恐れており、なんとしても開催にこぎつけるだろうという見方も記事に書き込んだ。IOCはアメリカのテレビ局、NBCユニバーサルと2014年に2032年までの放送権契約を76億5000万ドルで締結している。この放送権収入は全体の収入の80.56%に達する。秋への延期説もあるが、秋には人気プロスポーツが目白押しであるため、NBCテレビは難色を示すであろう。IOC関係者は「秋への延期は現実的ではない」と明言している。
 3月12日にはギリシャで聖火採火式が行われ3月26日から聖火リレーが福島からスタートする予定だ。7月24日東京五輪が開会することができるかどうか、今の時点で見通すことはできない。中止になれば日本を大不況が襲うかもしれない。
posted by media watcher at 13:44| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

ビッグバンドに歌声)のせたDiaane Reeves(ダイアン・リーヴス))、2005年の名画「Goodnight Good Luck」で1948〜54年のマッカーシズムの時代のジャズ歌手を好演

IMG_0033.jpg0.jpgdownload.jpg
Diaane Reeves
 コミュニティ放送のレコードによる生放送ラジオ音楽番組「ミュージックナウ」、2月26日のご紹介した歌手は、ビッグバンドにその歌声を響かせた、Dianne Reeves(ダイアン・リーヴス)です。司会は隅井孝雄と松岡千鶴、和気あいあいの家づくり、人見建設株式会社のご協力です。
 父親が歌手、母親がトランペットと奏者という家庭に育ったダイアンは、子供のころから、ピアノのレッスンを受け、あらゆる機会に歌うなど、子供のときから音楽に親しんで育ちました。アメリカの中西部、デトロイト出身です。
オーケストラで金管楽器を演奏する伯父がジャズに詳しい人で、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデー、サラ・ヴォーンなどのレコードをたっぷり聞かせてくれたので、感銘を受けたダイアンジャズ歌手の道を歩もうと決めました。
 16歳のとき、通っていたデンバー高校のビッグバンドがフェスティバルで優勝して、ダイアンも名前を知られるようになりました。デンバーで大学を出た後、ロサンゼルスに移り住みました。そして歌手として初めてジャズクラブ「ブルーノート」と契約しました。1987年のことです。1990年代、2000年代に活躍、63歳の今も第一線の歌手です。
 2002年のソルトレイクオリンピック(冬季)の閉会式で歌い、2005年の映画「Good Night Good Luck」ではジャズ歌手の役で出演しました。
 抜群の歌唱力を持ち、2001年から5回もグラミー賞に輝いています。

 Good Night Good Luck
 テレビ報道記者(アンカー)エド・マローとマッカーシーの闘いを描いた2005年の映画。監督、出演、ジョージ・クルーニー、テレビニュースが赤狩り(レッドパージ)の不当性を追求し続け、遂に、マッカーシーを退任に追い込みます。1948年から1954年にかけての実話です。ダイアンはこの時代の状況や変化をジャズのリズムに乗せて表現し、好評でした。

 音楽
1. I-4 Harvest Time 5:12
2. I-1 Sky Islands 4:35
3. I-3 Better Days 4:50
4. 1-2 I’m OK 5:52
posted by media watcher at 13:24| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

米大統領選、富豪マイケル・ブルームバーグ浮上、民主党穏健派として参戦。

2002 ブルームバーグBBC_109819657_tv058214682.jpg  
 富豪マイケル・ブルームバーグ浮上、民主党穏健派として参加。
アメリカ大統領選で、民主党のマイケル・ブルームバーグが急浮上している。ブルームバーグはアイオワやニューハンプシャーの党員集会・予備選に参加していない。しかしバージニア州リッチモンドで15日開かれた集会に出席。トランプ大統領を正面から批判した。
 ブルームバーグ氏は経済、金融情報会社の社長で、2002年から13年にニューヨーク市長を務め、財政再建に貢献した。
 フォーブ誌によると、資産は640億ドル(約7兆円)世界12位。このところ3億ドル(330億円)の広告展開で浮上をはじめた。アイオアやニューハンプシャーの小さな州を相手にせず、カリフォルニアなど人口の多い14州で予備選が行われる「スーパーチュースディ」(1357人の投票人が決まる)から参戦するという。
 気候変動、銃規制などに取り組み、各地の市長100人以上の支持を得ている。かつてニューヨーク市長時代に、人種差別、女性差別の言動で批判されたこともある。
19日のテレビ討論で、先頭を走る、サンダースやブティジェッジにどう対抗するか、注目される。
posted by media watcher at 13:32| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ