2017年09月22日

沖縄のコミュニティ・ラジオでフェイクニュース、反戦平和運動を誹謗、韓国人、中国人への差別発言も、沖縄タイムス報道 9月20日

1709 オキラジ防衛情報局IMG_3827.JPG1709 オキラジimages.jpg1709 沖縄紙を正す?iken_shincho20150813s.jpg
 沖縄市のコミュニティ・ラジオ「オキラジ」の「沖縄防衛情報局」という番組が、「平和運動」は偽物であり革命をカモフラージュしている」、と反戦、平和運動を誹謗する放送していると、沖縄タイムスが実例を列挙して批判報道した。また放送法違反の疑いもあり、第三者機関が放送を検証すべきだという社説を掲載した(9/20)。
 沖縄タイムスによると「沖縄防衛情報局」毎週月曜日(15:00)の一時間トーク番組。出演は我那覇真子氏(琉球新報、沖縄タイムスを正す県民国民の会」代表)と我那覇隆裕氏(カウンセラー)など。
毎回の番組冒頭では「基地反対、自衛隊反対、しまくとぅば(島言葉)運動は裏でつながっている」、「左翼が市民運動を装っている、革命カモフラージュだ」というコメントも流れる。
 また7月17日の放送では スイスの国連欧州本部で6月に開かれた沖縄の基地反対運動を巡るシンポジウムに出席した弁護士や新聞記者を名指しして、「ほとんど工作員そのもの」との発言もあったという。
 「中国人や韓国人は平気でうそをつく」など人種的な発言もあった。
 この番組は、「ぎのわんシティーコミュニティーラジオ」でも毎週水曜日(17:00)に放送されている
 市民のために開かれたコミュニティ・ラジオがフェイクニュースを放送する手段となるのは由々しい事態だ。
posted by media watcher at 11:43| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

野田淳子コンサート、ロームシアター京都で10月1日。金子みすゞ、宮沢賢治、一部エスペラントも交えて。ヒロシマに思い寄せるロシア曲、「鶴」も

IMG_3821.JPGIMG_3818.JPG
 9月13日、FM79.7(京都ラジオカフェ)音楽番組「ミュージックナウ」でゲストに歌手、野田淳子さんを招いた。聞き手は隅井孝雄。
 野田さんは10月1日、ロームシアター京都(サウスホール)でコンサートを開く。野田さんは、いつも作家岡部伊都子さんの「刻々の誕生」を座右銘とし、コンサートのタイトルにもして、常に新しい発見を曲に盛り込んでいる。今回のコンサートでは詩人金子みすゞと、宮沢賢治の世界を取り込み、歌の一部を世界に届けとエスペラント語で歌う。
 番組ではコンサートにかける思いを聞くとともに「私と小鳥とすずと」(金子みすゞ、一部エスペラント)、広島の折鶴に触発されたロシアの楽曲「鶴」をスタジオで生演奏してもらった。そして「あなたと」、「一本の鉛筆」はCDで聴いた。
「野田淳子CDアルバム」を検索すれば、一部の曲を試聴できる。
コンサート岡崎公園のロームシアター京都で、10月1日、13:30開場、14:00開演

posted by media watcher at 14:50| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

荻上チキが「21世紀的リテラシー論」を語りました。「フェイクな情報発信を押しとどめることはできる」という興味深い論考なので、要約しました。

1708 FCTDSCN0669.JPG1708 FCTDSCN0668.JPG1708 FCTDSCN0656.JPG
 
 FCTメディア・リテラシー研究会40周年記念集会、荻上チキが「21世紀的リテラシー論」を語りました
 1970年代以降のメディア・リテラシーは、権力のプロパガンダ批判、消費社会のコマーシャリズム批判、共同体否定のニューメディア抑制、メディアが発するバイアスへの抵抗であった。つまり大きな力に対して自覚的な抵抗を行う縦のリテラシーであった。
 21世紀、ウエッブ社会の到来という時代の中で、新たに横のリテラシーが必要となった。市民どうしで、さまざまな異なる言説のリアリティーが、事実の確認を経ないまま拡散していくという事態が起きるようになった。議題、論点の変化する流れとともに、人々の態度、言説にも変化が起きる。そして一つ一つのつぶやきや書き込みが、瞬間、瞬間で拡散する状況が起きている。
 行為の連続が、育てられ、集積して力を持つ。ネット上のオピニオンリーダーの言説はシェアー・リツイート、「いいね」の積み重ねで築かれていく。しかしネット上では嘲笑、ヤユ、シニシズム、によるアンチモデルも拡大しやすい要素となる。結果として民主主義やジャーナリズムを突き崩すこともありうる。
 メディア上で、あるいは個人レベルの発信で、それへのフェイクな情報発信への抵抗力をつけることはできる。Fact(事実)とクールさをもって、対抗的なカスケード(流れ)を作ることは可能だ。少数であることを恐れず、個別のリテラシーを発揮し、知的蓄積を発揮しての発信は、シェアーを拡大し、間違った情報発信を押しとどめ、リアリティーを塗り替えていくことができる。
(提示された実例は省略しました)
posted by media watcher at 13:01| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FCT40周年記念フォーラムで冒頭あいさつ、歴史を振り返る発言をしました。以下そのテキストです。(2017年8月27日13:30 早稲田大学3号館) 

1708 FCTDSCN0664.JPG1708 FCTDSCN0668.JPG1708 FCTDSCN0656.JPG

 隅井孝雄です。鈴木みどり記念メディアリテラシー研究基金の選考委員をしております。
私はテレビの初期、1958年から、日本テレビに在しておりました。1970年代に一時期仕事を離れ、民放労連(民間放送労働組合連合会)の役員をしていました
 その間のことですが、1977年にアメリカの市民活動家、エヴェリン・ケイ、ウイリアム・メロディーらが書いた「子供とテレビ」という著作(聖文社)を読んで、大きな影響を受けました。そしてこの本を訳した鈴木みどりさん、そしてFCT(当時は「子供のためのテレビフォーラム」)を知り、市ヶ谷のルーテル教会会議室で開かれた会合など参加しました。
 アメリカでは市民団体の運動の成果でセサミストリートなど優れた児童向け番組が生まれ、テレビCMからウイスキー、たばこなどのCMが消えたことを知ったのです。市民、視聴者が発言権を持つことによって、テレビ番組やコマーシャルを変えることができることを、この時初めて知りました。
 当時日本のテレビは、優れた報道、ドラマを生み、メディアとして発展を遂げる一方、娯楽化、脱社会化、商業化が進み、市民団体、教育組織、母親団体、消費者団体、視聴者組織によるテレビ批判が強まっていました。
 わたしたち民放労連では、テレビ、ラジオ放送社会的機能やシャーなリズム性の回復を望み、放送の民主化と視聴者、市民の意向反映を運動に取り組むことになりました。そしてFCTに連携し、子ども向け番組の改善、子供のためのテレビCMの改善を取り組むことになりました。
CMを唯一の収入源とする民放ですから、さまざまな紆余曲折はありました。しかし、1980年頃、民放の放送基準、CM基準が改定され、たばこのCMが消え、ビールなどを美味しそうに飲むシーンが消え、子供番組のCM量が規制され、放送番組向上協議会(現BPO)が誕生し、民間放送連盟でメディアリテラシーの取り組むことが、決められる、などの多くの成果を残しました。
 FCT40周年にあたり、感慨を込めて、一言、思い出を語らせていただきました。
ありがとうございました。
posted by media watcher at 12:54| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LPレコードをスタジオでかけて生放送の音楽番組放送3 ビング・クロスビーそしてエディソンの蓄音機

1708 Bing.jpg1708 Bing Edison.jpg1708 BingIMG_3782.JPG

 Fm79.9(京都ラジオカフェ)で私が司会している音楽番組「ミュージックナウ」ではこのところLPレコードによる生放送を続けています。8月23日の放送はLP放送の3回目「ビング・クロスビー特集」でした。
前回の放送でジャズを初めて録音したのは100年前、ニューオーリンズのオリジナル・デキディシーランド・ジャズバンドだとお伝えしました。しかし音をため込んで再生する装置を最初に考え出したのはトーマス・アルバ・エディソン、140年前です。
 歌があまり上手ではないエディゾンでしたが、新聞記者や研究員の前で、「メリーさんの羊」をうたい、それを再生したのが、蓄音機レコードの始まりでした。時は1877年12月6日、場所はニュージャジー州のメンロパークエディソン研究所でした。
 筒形の蝋管に吹き込み、音楽を売りだしましたが、やがてグラムフォンの円盤形(1887)にとってかわられました。最初は3〜5分しか録音できないSP版(78回転)でしたが、のちに長時間録音できる33回転のLP(1947年)やシングル盤のための45回転EP(ドーナツ版、1960年頃)など進化し、やがて1980頃実用化が始まった今日のCDにとってかわられました。
 ところでビング・クロスビーはレコードとラジオの時代を飾った歌手。1930年代にトップスターの座を獲得、映画にも数多く出演、第二次大戦後もポピュラー界に君臨しました。
マイクを口に近づけたり、離したりして歌う「クルーナ奏法」の創始者です。1977年死去。
 映画も名場面をたくさん残しました。「わが道を往く」(1944年)、「喝采」(1954年)、「上流社会」(1956年)、」「駅馬車」(1965年)

 放送したのは次の4曲です
I can’t begin to tell you、ビングとカーメン・キャバレロの共演、1945年8月7日の録音
Play a simple Melody、アービン・バーリンの曲。息子ゲイリーとのデュエット
Mexica rose、クロスビーがリバイバルさせた古い歌、ボーダーソング、メキシコ娘との恋と別れ
Sam’s Song、息子のゲイリーと初の共演録音、シンプルメロディーの裏面として発売
 下記をctrlクリックすると歌が聞こえます。
 Play A Simple Melody - Bing and Gary Crosby - YouTube
posted by media watcher at 12:40| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ