2020年07月24日

市民が頼った情報源、テレビニュース20%超え、新ジャンル「リモートドラマ」誕生

2007 1広いセットにゲストのパネル映像林立5.31.jpg2007 4リモートドラマに力入れるNHK5.30.jpg2008 5ダブルブッキング千葉雄大.jpg2007 3大河ドラマロケ出来ない、旧作再編集で凌ぐIMG_0223.jpg
写真、1.広いセットにゲストのパネル映像が林立、サンデーモーニング5/31より、2. 大河ドラマロケ中止で、旧作の再編集でしのぐNHK。ネットでの宣伝映像より、3. リモートドラマにNHK力入れる。ネットの宣伝映像より。4. 連続日テレ系ネットで放送されたリモートドラマ「ダブルブッキング」千葉雄大
 緊急事態宣言(4/7)から解除(5/25)に至る7週間、市民が自宅にこもって、情報をテレビに頼った、という調査が最近発表されている。
 最新情報入手(73%)、概要理解(70%)、理解深める(61%)とテレビがニュース系ネットを20ポイント上回った(ビデオリサーチ5/13)。「テレビを毎日利用する」が7割に達し、速報性(71.9%)、わかりやすさ(62.4%)で情報系ネットや新聞などを圧倒した(民放連研究所調べ)。
感染が拡大、著名人の死者も出た3月下旬、報道番組の視聴率が20%を越え始め、緊急事態宣言の日「NHKニュース7」(4/7)は26.8%を記録した。かつてのテレビ黄金時代の再来だ。
 NHKニュースの感染報道は貴重な情報ではあったが、政府批判はなかった。「特措法」でNHKを指定公共機関にしたことが影響したといえる。
 人々は手軽にチャンネルを切り替えた。感染初期のもたつき、休校措置の突然の発表、PCR検査の不足などについて「モーニングショー」(テレビ朝日)、「報道1930」(BSTBS)、「サンデーモーニング」(TBS)等は視聴者に歓迎された。一部ワイドにセンセーショナルな表現もあったが、全体としてテレビは信頼された。(信頼度民放テレビ48.7%、ニュース系ネット22.4%、新聞19.1%、ビデオリサーチ5/13日)
テレ朝富川アナ、スタッフの感染(4/12)など報道者自体に被害が出た。報道番組、バラエティ、ドラマのスタジオ収録では密を避け、出演者がアクリル板で仕切られ、「リモート」映像パネルが林立する制作手法が確立した。
 スタジオ収録もロケもだめになりNHK「麒麟(きりん)がくる」は「戦国大河」再放送でしのいだ。一方「逃げるは恥だが役に立つ」、「Jin-仁」、「ごくせん」など民放の穴うめドラマが好評で再放送が見直された。
 「リモートドラマ」という斬新なジャンルも誕生、NHKが「リビング」(5/30)などで先行、民放でも「世界は3で出来ている」(フジテレ6/11)、「ダブルブッキング」(日本テレビ6/28)など力を入れえている。
 コロナ感染拡大が続き、再度自宅待機もありうる。テレビが新しい手法も駆使し、コロナ時代をリードする番組、報道が期待される。(すみい・たかお、ジャーナリスト)

 赤旗ラジオテレビ面コラム 波動 2020.7.20 掲載






posted by media watcher at 15:39| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ