2020年03月21日

ビル・ゲイツ引退3/13、コロナウイルス対策に当面1億ドル拠出

2003 ビルゲイツimages.jpg
 ビル・ゲイツがマイクロソフト取締役を退き完全引退、今後は慈善活動に専念するというニュースが入った。また同時にワクチンの作成など、ウイルス対策に1億ドル(100億円)拠出したとブルームバーグ通信(3/19)が伝えた。
 私がアメリカのNTVインターナショナルを創設する仕事で、ニューヨークに行ったのは1986年。マイクロソフトが創設され、最初のWindowsが発売された一年後であった。
 私にとっても懐かしい80年代〜90年代に始まった、デジタル化時代の「ファースト・ランナー」であったといえるだろう。デジタル・ハイウエイ時代の先頭に立ち、道を切り開いてきた人物であることを、改めて思い起こした。
 私は13年にわたるニューヨーク在勤時代に、デジタル化時代初期の洗礼をたっぷり受けた。折から日本ではテレビのデジタル化に向けての取り組みが進行していたので、ビル・ゲイツの発言、動きには、さまざま触発された。 
 80過ぎた今でもかろうじてパソコンで作業ができるのも、80年代から90年代の終わりにかけてアメリカにいたせいだろうと思う。ビル・ゲイツは身近な存在であった。彼のおかげで「デジタル時代」の幕開けに立ち会えたことに感謝!
感染症対策に巨費、ワクチン、抗ウイルス剤の開発普及に積極協力
 ビル・ゲイツの資産は2017年の時点で推定860億ドル、世界一位の資産家である。2008年「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を創設、事実上慈善活動に傾注、貧困と飢餓の克服、感染症の絶滅などに巨額な寄付活動を注いでいる。
1912年ライオンズ財団と提携して、はしか撲滅に乗り出し、世界1億5,000万人のこどもに予防接種支援を行った。アフリカを対象にした汲み取り式トイレの支援を行い、コレラなど伝染病の除去作業を行っている。また20年にわたるポリオワクチンの開発普及にも貢献した。こうした医療関連への資金投入は100億ドルに達するという(1/18/19WSJ)
 新型コロナウイルスの対策にも大金を投じ、ワクチンの作成に尽力している。ビル&メリンダ財団は、「ワクチンと予防接種のための世界同盟」の一員であり、感染症対策のプロフェッショナルとして当面1億ドル(109億円)を拠出した。(東洋経済3/13)
ビル・ゲイツは「ワクチンを手にするためには10数カ月以上、数10億ドルが必要だ。6月初めにも大規模実験が行えるよう準備している、抗ウイルス剤は特定できれば、数週間以内に大規模臨床試験を実施できる」と語っている。
 日本の起業家で彼ほど大掛かりな社会貢献を恒常的に行う企業家を聞かないのは、残念なことだ。

posted by media watcher at 16:35| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ