2020年03月12日

日本の広告費2019年発表(電通)、ネット広告初めてテレビ上回る

2003 広告費IMG_0052.jpg
日本の広告費2019年発表(電通)、ネット広告初めてテレビ上回る
 電通が「2019年日本の広告費」(推定)を3月11日発表した。それによると総額は6兆9381億円、前年比6.2%増。中でもネット広告は伸びが6年連続し2桁の伸びを示し、2兆1048億円とはじめて2兆円を超え、テレビ広告を上回った。
 メディア関連では軒並み昨年比減だった。テレビ1兆8612億円(前年比97.3%)、うち地上波7345億円(前年比97.2%)、衛星メディア1267億円(前年比99.4%)、新聞広告4547億円(前年比95.0%)、雑誌広告1675億円(前年比91.0%)、ラジオ広告費1260億円(前年比98.6%)。雑誌の落ち込みが目立った。
 しかし大型モニターへの動画配信が盛んなアメリカと比べて、日本では地上波テレビ、基幹新聞など既存メディアの力はまだまだ強い。既存メディアの側も生きのこりの技術を駆使して、頑張りを見せているといえるだろう。
posted by media watcher at 12:31| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ