2020年01月22日

カルロス・ゴーン、会見から日本メディア排除、“彼らはどの社も同じ報道をする”と批判

取り締まりyomiIMG_5199.JPG
年の瀬、日本を脱出しレバノン、ベイルートに“帰国”、世界を驚かせたカルロス・ゴーン氏は1月8日午後3時(日本時間午後10時)、逃亡先のレバノンの首都ベイルートで記者会見を開いた。世界中の記者たちが集まったが、ゴーン氏が選別し、日本のメディアではテレビ東京だけであった(。テレビ東京は折からバラエティー番組を放送中だったが急遽中継放送に切り替えた。会見場に入ったテレ東記者の「日本で尊敬されているのに、日本の法律を破ったのはなぜ」質問に対し、ゴーン氏は「私は法律を破ったが、日本の検察が違法行為をしていることが問題ではないか」と自らを正当化した。
 会見では144分の長丁場に及んだが、自身の自己弁護に1時間以上費やし、日産と日本の検察と司法制度を批判した。しかし「皆さんメディアは興味を持っているだろうが、どのようにして脱出したかは話をしない」とくぎを刺した。
 日本メディアからの抗議を受けて、2日後の1月10日、朝日新聞、NHK、小学館との3社を招いての代表記者会見に応じた。この会見を報じた毎日新聞は次のような記事を掲載している。「8日の会見にはゴーン被告は自身に対して批判的な論調を取る社を事前に排除し、多くの日本メディアが出席できなかった。10日の代表取材でゴーン被告は“日本のメディアはどの社も同じ報道をするので、2、3社入れれば彼らが伝えるだろう”と弁明した」。(ベイルート時事)
posted by media watcher at 11:36| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ