2019年10月29日

Nancy Willson、コミュニティ放送の音楽番組(FM79.7京都三条ラジオカフェ)、今回はナンシー・ウイルソン、10月9日放送

Nancy-Wilson-Net-Worth.jpgScreen-Shot-2018-10-09-at-1.03.52-PM-735x413.png
 Nancy Willson
 コミュニティ放送の音楽番組(FM79.7京都三条ラジオカフェ)、今回はナンシー・ウイルソン、10月9日放送
アメリカオハイオ州出身のジャズ歌手。1937年生まれ。
彼女はハイスクール時代1952年、にすでに週2回、地元局で自分のテレビ番組を持っていた。1959年あこがれのニューヨークへ。1960年最初のレコード「Like in Love、恋してるみたい」が大ヒットして、新人ジャズ歌手として、ゆるぎない地位を獲得した。
1968年、2005年、2007年の3度にわたってグラミー賞を受賞。テレビで自身がホストを務める「The Nancy Wilson Show」1907~1968年にも出演、番組活動でもグラミー賞に輝いた。天性のエンターテイナーだ。昨年12月、81歳で死去。
今回は彼女の全盛期、30代に入ったばかりの1968年にリリースされたLPレコード「ラッシュライフ」に収録されている曲のうち4曲お送りする。ナンシー・ウイルソンはスケールの大きい歌手です。人生をエモーショナルに表現している。
放送した曲目は以下の通り
1. Midnight Sun 
あなたの唇は赤くて、ルビーの指輪。夜のお日様のように燃えている。ジョニー・マーサーの曲です。エモーショナルな歌い方が神秘的な美しさを出します。
2. Free Again 
自由になって、昔の私にもどったよう、パーティーしよう。以前の私がここにいる、だけど・・・・。ドラマチックな感情を豊かに歌います。
3. Lash Life
楽し場所にならどこでも出かけていた私。人生を享受していた私、あなたに会って人生がかわったの・・・・。このレコードのテーマ曲。1938年の古い曲を豊かにに歌い上げる。ビリー・メイの編曲です。
4.Only the Young 
若かった、愛は夢の園のリンゴだと思っていた。そこへあなたがやってきた。ナンシーの若々しい歌い方。コントロールされた声が、美しい恋心を、しっとりと歌います。

posted by media watcher at 11:48| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ