2019年10月07日

憲法9条の会9条校との集い、安倍9条改憲に決着を、参院選で2/3割れした安倍政権を追い詰めようと、9条の会の活動家たちが300人以上集まり、渡辺治の講演を聴き、そのあと熱心に討論

IMG_0028.JPGIMG_0030.JPGIMG_0031.JPGIMG_0032.JPG
10月9日(土曜日)、龍谷大学深草キャンパス101号室、
写真(提供木本喜幸さん)、会場字幕、隅井、講師、渡辺治氏(一橋大名誉教授)、事務局長、奥野恒久氏(龍谷大教授)
参院選で2/3割れした安倍政権を追い詰めようと、9条の会の活動家たちが300人以上集まり、渡辺治の講演を聴き、そのあと熱心に討論した。私は開会のあいさつをさせていただいた。挨拶の全文は以下の通りです。
憲法9条の会9条校との集い、安倍9条改憲に決着を
開会のあいさつ 9条の会世話人隅井孝雄
昨日国会が始まりました。安倍首相は結語で次のように述べ、相変わらず改憲を進める意向を述べました。「令和の時代、日本がどのような国を目指すのか、その理想を論議すべき場所は憲法審査会ではないか、国会議員がしっかりと論議し、国民への責任を果たそう。
この発言に先立ち、安倍首相は9月25日国連総会出席の後ニューヨークで内外記者との会見に臨んだ。改憲勢力が3分の2にっ達しなかったことを記者にから問われた首相は、与党が過半数を超えたことを根拠に、次のような発言を行いました。「憲法改正は行うべきだというのが国民の声だ。野党各党もそれぞれの案を持ち寄り、憲法審査会の場で、与野党の枠を超えて国民の期待に応える論議を行ってほしい」。
 憲法改正を国民が望んでいるというのは、事実誤認も甚だしいと思います。
選挙後に報じられた朝日新聞の世論調査(7/23)によると、自民、公明、維新で3分の2に届かなかったことについて、「よかった」が43%、「よくなかった」は26%にとどまった。また安倍政権のもとで憲法を改正することに、反対46%、賛成31%という結果も今年5月の世論調査ではっきり出ています。首相にのぞむ政策は社保38%に対し、憲法は3%、また、安倍首相が改憲の主眼としている憲法9条については、変えない方がよい、64%、変える方がよい28%を大きく上回っています。(今年の5月憲法記念日)。これが世論です。
メディアもファクトチェックで、首相の間違った発言を大いに批判すべきと思います。
 
このところ野党の反対で「憲法審査会」はほとんど開かれていませんが、大きな論点になっているのは「憲法改正国民投票法」の問題です。現在の条項によれば「国民投票の14日前までは、テレビCMを無制限に流してよい」とされています。またネット広告については何の規定もありません。
これだと、資金を多く持っている組織、団体(自民党、財界、大企業、日本会議、神社庁)が、大量のテレビCMを流すことができ、公正さが保てないことが予想されます。野党は金額に上限を設けて規制するか、あるいはフランスやイギリスなどヨーロッパ諸国のテレビ放送ようにCMを禁止すべきとしています。自民党や民間放送連盟はCM問題について国民納得いく規制を検討してほしいと考えます。

 改憲派が前回の参院選で2/3に達しなかったのは、市民の皆さんが全国で取り組んだ3000万署名の成果ではなかったでしょうか。また野党と市民が13項目の共通政策を掲げて、選挙に臨んだことも大きく影響しています。
 今安倍政権は韓国に対する批判、避難を煽り立て、東アジア平和と安定を突き崩しながら改憲の動きをすすめようとしています。
 日本の平和憲法は、日本のみならずのアジアの、そして世界の宝です。私たち市民が団結すれば、安倍政権もうかつに憲法に手出しできないと思います。
 今日は渡辺先生の講演の後の先生への質疑、全体会で皆さんの活発な討論をお願いします。 ありがとうございました。
  それでは本日の講師渡辺治先生にご登壇いただきます
posted by media watcher at 10:12| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ