2019年09月26日

コミュニティーラジオの音楽番組今回はソウル音楽,ゴスペルの女王マヘリア・ジャクソンの登場。

41kJGygL4zL.jpg41kJGygL4zL.jpg310px-MahaliaJackson.jpg
 ミュージックナウ マヘリア・ジャクソン 
 放送は19年8月28日
 マヘリア・ジャクソンは1011年ニューオーリンズ生まれ。黒人地区の教会で子供のころから、ゴスペル、黒人霊歌を歌い、ジョンソンブラーザーズというゴスペルグループでプロとしての一歩を踏み出した。20歳の時シカゴに移り26歳、1937年ソロシンガーの転向、力強い歌声で神を讃える歌を生涯歌い続けた。スペルの女王というのが彼女に与えられた
 マーチン・ルーサーキング牧師とも、親交を結び、1955年、爆弾テロの予告をものともせず折からバスボイコットが続くアラバマ州モンゴメリーでチャリティーコンサートに出演、ローザ・パークスを励ました。実際に爆弾が投げら爆発したが、彼女は難を免れた。
1963年のワシントン大行進にも参加、マヘリアジャクソの歌に続いてキング牧師が有名な「I have a dream」(1963年)の演説を行った。
 1971年に来日、続いてドイツに演奏旅行し、帰国後の1972年60歳で死去した。
 放送したのは以下の4曲
 I’ve done my workつとめを終えて
 The Green Leaves of Summer遥かなるアラモ
 (マヘリア・ジャクソンは晩年までゴスペルしか歌わなかった。Danny Boy珍しい)
posted by media watcher at 20:20| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ