2019年08月29日

優しさあふれるアメリカ70年代のジャズ

1907 明日に向かって.jpg1907 the stylistics.jpg1907 Diana Ross.jpg1907 Commodors.jpg
写真 明日に向かって撃て、スタイリスティックス、ダイアナ・ロス、コモドアーズ
コミュニティFMの音楽番組、今回は70年代のアメリカのジャズ、ポップスです。
 1968年の大統領選ではローバート・ケネディー亡き後の民主党の混乱に乗じて、共和党から立ったニクソンが大統領になった。経済面では1971年、ドルの金兌換性が廃止され(ニクソンショック)、ドルが急速に低下し、輸出は伸びたが、物価高を招いた。そんな中で1973年には、石油輸出のアラブ諸国がアメリカへの石油を止めたため、オイル・ショックで市民生活は混乱した。しかし、米ソ両大国がデタントに踏み切り、75年にはサイゴンが陥落し、平和への希望が生まれた時でもあった。音楽の面では、人々はやさしさを追い求めた。6月26日放送

1. 雨にぬれても Raindrops keep falling on my head,1969年、BJトーマス
1969年、映画「明日に向かって撃て」(ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード主演)の主題歌。この映画は70年初頭を飾ったニューシネマの代表作。実在の二人組の銀行強盗がアメリカの西部を駆け抜ける。曲は70年に全米1位を記録した。BJトーマスはカントリー歌手として知られる。
2. 誓い、You make me feel brand new, 1974年,スタイリスティックス
1968年にフィラデルフィアで結成、ソウルブームを生んだ、5人組、今でも時折CMに登場する
3. マホガニーのテーマ、1975年 ダイアナ・ロス
ソウルの女王といわれるダイアナ・ロス。シュープリームスのリードシンガー、69年からソロになった。同名の映画の主題歌。Do you know where are you going? という歌詞で知られる。
4. 永遠の人にささげる歌、1978年、コモドアーズ
バラードの時代の、冒頭を飾った曲、78年全米1位。作曲家でありヴォーカリストでもあるライオネル・リッチーの名を世に出した。「君が与えてくれた時間にありがとう、思い出の数々すべて心に刻んだよ」と歌う・
posted by media watcher at 16:28| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ