2018年11月01日

世界を震撼させた、カショギ氏暗殺、イスタンブール(トルコ)のサウジアラビア領事館内で、日本も無縁ではない、様々な記者追放策謀








 


1811 PBS23 IMG_4515.JPG1811 領事館に入る23PBSIMG_4517.JPG1811 エルドアン24PBSIMG_4519.JPG1811 NW1107IMG_4518.JPG                                                                写真1.カショギ記者暗殺報じる米公共テレビ(PBS10/23)、写真2.イスタンブール、サウジ領事館に入るカショギ氏(PBS10/23)、3.暗殺の詳細を議会で語る、トルコ、エルドアン大統領(PBS10/24)、4.事件を特集で報じる米Newsweek日本版(11/6)

 無残としか言いようがない。サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマイル・カショギ氏がイスタンブール(トルコ)のサウジ領事館内で暗殺された事件(10月2日)が世界を震撼させている。
 アメリカの有力紙ワシントン・ポストが生前に彼が書いた「最後のコラム」を掲載した(10/17)。「アラブ世界に最も必要なのは表現の自由」と題し次にように記した。
 「2010年に曙光が見えたかに思えたが、希望は砕かれた。作家、記者の投獄、新聞の出版停止、インターネットの遮断などが政府の手によって行われている。プロパガンダではないアラブの真の声を広げたい」。
カショギ氏は1980年代、オサマ・ビン・ラディンを取材したことでも知られている。ムハンマド皇太子の近代化の陰に秘められた欺瞞に挑み、現在本拠地をアメリカに移した。
 サウジ政府はカショギ氏の領事館内での死亡を認めたが(10/19)、王室の関与には一切触れていない。トランプ政権は1100億ドル(約12兆円)の軍需物資を売却するなど、オイルマネーの恩恵を受け、追及はしないだろう。日本政府の動きも鈍い。
 記者の暗殺はひんぱんと起きている。パナマ文書の不正蓄財を追求したマルタの記者が爆殺された(昨年10月)。ヨーロッパ自由ラジオの記者がアフガニスタン取材の際テロで死亡(4月)、EU補助金汚職を取材中のブルガリアのテレビ記者が殺害された(10月)。国際組織「ジャーナリスト保護委員会」(CPJ)によると、今年に入ってからの死者は46人に達する。
 日本では1987年、「赤報隊」を名乗る犯人が朝日新聞阪神支局を襲撃、2人の記者を殺傷、「反日分子には極刑あるのみ」との犯行声明を残したがいまだ逮捕されていない。
 最近では、新たな手法で、取材、放送現場からの記者排除が行われている。2016年鋭い論陣を張っていた古館、国谷、岸井の3人のキャスターが一斉に排除された。背後には政府や右翼文化人の意向があった。NHK大阪で森友事件を取材していたA記者が、取材現場から配転され、取材を続けたいと他社に転職した(9月)。上層部から圧力があったとも語った。
 カショギ事件は日本のジャーナリズムにとって無縁ではない。(すみいたかお、ジャーナリスト)
 赤旗ラジオテレビ欄 コラム「波動」 10月29日掲載 隅井孝雄
posted by media watcher at 16:17| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ