2018年06月23日

沖縄戦終結73年、先立っての沖縄訪問、ペンクラブ主催のシンポ「沖縄の文学」に参加。地上戦経験するも、豊穣な自然濃密な人間関係に支えられている

1805 琉球舞踊30712363_694155004041911_3039479944725680735_n.jpg1805 文学シンポDSCN1078.JPG
href="http://mediawatchblog.up.seesaa.net/image/180520E79089E79083E696B0E5A0B1IMG_4369.JPG" target="_blank">1805 琉球新報IMG_4369.JPG1805 沖縄カクテル DSCN1076.JPG
 沖縄の旅 2
 沖縄戦終結73年、先立って先月、妻とともに沖縄の旅、その二です。
写真1.沖縄国際大の琉球舞踊、2.シンポ沖縄の文学、3、琉球新報、4.沖縄カクテル
 日本ペンクラブが主催する平和の日、シンポジウム「生き行く島、沖縄と文学」(5月20日)が宜野湾市の「沖縄コンベンションセンターで開催、沖縄旅行の2日目に、私も参加した。
 冒頭で沖縄国際大学の文芸芸能部による沖縄舞踊が披露された。絢爛たる民俗芸能が伝承されていることに感銘を受けた。
 開会のあいさつで、吉岡忍さんは「沖縄文学は戦争と近接している」、「琉球王国の歴史、その後の沖縄処分、米軍支配と切り離せない」、「海洋に広がる世界観と異文化取り込みという特徴がある」と語った。記念講演の浅田次郎さんは「日本文学は危機だが、沖縄には燦然たる文学がある」との論を展開した。地上戦を体験しながらも、豊穣な自然、濃密な人間関係に支えられている文学の存在を強調した。
 第一部は大城貞俊さん(司会)、又吉栄喜さん、浅田次郎さん、川村湊さんら文学者4人の語り合い、第二部はドリアン助川さん(司会)、八重洋一郎さん(詩人)の二人にジャーナリストの金平茂紀、落合恵子が加わった。
 濃密な論議が繰り広げられたが、「沖縄文学が持つ挑戦、言葉の力、文学の可能性、権力への抗い」など、沖縄の持つ特性について語られた、と言えるだろう。
posted by media watcher at 19:45| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ