2018年06月18日

大阪、京都など市街地を震度6が襲う、幸い我が家は被害僅少。

DSCN1162.JPG
 6/18日、ベッドでうとうとしてそろそろ起きようかと思った瞬間、7時53分家が大きく揺れた。積み上げていた雑誌と2〜3冊と、飾りだのの上にあった、小さな額と馬の置物が床に落ちただけ。エレベーターが数時間自動停止したほかは、被害は僅少だった。
 写真をご覧ください。
 各地の友人からひっきりなしに大丈夫かとの電話、メールが入る。持つべきものはまさかの時の友を実感
 余震が一週間以内というので、棚の上を整理、大きなアートの額を外して、枕元に懐中電気を確認。電灯が付いた非常ラジオは点検済み。水のボトルを2本買った。384円。
った。
 京都に暮らして18年、体感地震は2〜3回しか経験していない。京都は安心だという思い込みがあるが、東北や関東とは比較にならない。
posted by media watcher at 22:02| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ