2018年05月17日

コミュニティーラジオの音楽番組、ジョーン・バエズ特集、平和と自然環境を守る歌声、今も歌い継がれる





 



5060143493874.jpgmaxresdefault.jpgmaxresdefault.jpgIMG_4283.JPG
 ミュージックナウ2018年5月9日、ジョーン・バエズ
 コミュニティーラジオ(FM79.7京都ラジオカフェ)の音楽番組「ミュージックナウ」。
前回に引き続き60年代のフォークソング。世界の音楽家に大きな影響を与えた歌手ジョーン・バエズの特集を放送しました。
 ニューヨークスタッテン島出身、1959年ニューポート・フォークフェスティバルでデビュー。伝統的なアメリカ各地のトラディショナル、フォークソングや反戦フォークを歌いました
 ジョーン・バエズといえば反戦歌の旗手と見られていますが、自然を深く愛した歌手でもありました。相互に重なり合う反戦と自然環境、その両方をかさねたのが彼女の歌です。 
1. Blowing in the wind、風に吹かれて
ノーベル賞を受けたボブ・ディランの曲ですが、バエズも60年代冒頭、歌い続けました。ベトナム反戦デモでしきりに歌われました。北爆(北ベトナムへの)があったときには完全に反戦のテーマソングとなりました。しかし歌の中で海、山、鳩、空、風など自然を自然のまま守っていきたい、爆弾で汚さないでほしいという願いも込められているのです。
2.What have done to the rain、雨を汚したのは誰か
これも雨に託して、自然を汚したのは誰なのか歌いかけます。雨に打たれていた草や少年、自然の恵みのはずなのに、公害で雨がけがされた、放射能で雨がけがされたことを口に出さずに告発します。
3.Take me back to sweet sunny south、南へ帰ろう
歌い継がれています、私も若い頃この歌を歌いながらデモしました、5月3日憲法記念日の集会に参加しましたが、この歌を久しぶりに耳にしました、いつの日か、我々は時代を新しく変えることに勝利するだろう。それを心の底から私は信じている、手をつないで歩けば、時代を変えることができる、私たちは恐れない、いつの日かのりこえることを信じているから。
4.We shall overcome 勝利をわれらに
歌い継がれています、私も若い頃この歌を歌いながらデモしました、5月3日憲法記念日の集会に参加しましたが、この歌を久しぶりに耳にしました、いつの日か、我々は時代を新しく変えることに勝利するだろう。それを心の底から私は信じている、手をつないで歩けば、時代を変えることができる、私たちは恐れない、いつの日かのりこえることを信じているから。

posted by media watcher at 14:43| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ