2018年04月23日

保守系シンクレア系列地方局、109局、トランプ擁護、大手メディア批判の一斉放送、1:40秒の同一メッセージ、トランプツイッターで称賛

1804 deadspinシンクレアdownload.jpg1904 Trump TweetIMG_4262.JPG1804 Trump  Tracker JPIMG_4261.JPG
写真1、多数の局がまったく同じメッセージを流したことは、ネットニュースサイトデッドスピンの音声付映像で明らかになった、その画面はCNNで4/4日放送された。写真2,3、トランプのシンクレア称賛ツイッター,日本語版はTrump Tracker JPによる。
 「無責任で偏ったニュースが蔓延している。嘘の、真実に反した記事を事実確認せずに発信しているメディアが、偏見を押し付けている」。3月末、アメリカの地方テレビ局190局が同じ文言のニュースを一斉に読み上げた。大手メディアを批判する1分40秒の統一メッセージは、トランプ支持を売り物にする「シンクレア放送グループ」が指令した。「原稿を一言一句変えてはならない、必ずニュース枠で放送すること」との通達が本部から来たとのスタッフの証言がある。トランプ大統領は「(シンクレアは)CNNやNBCなどより優れている」と嬉しそうにツイートした(4/2)。
 アメリカではニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、CNN、NBCなど基幹メディアがこぞって政権を強く批判している。トランプ支持はFoxニュースとシンクレア系地方局に限られている。
 シンクレアは、16年の選挙中も民主党を誹謗しトランプ支持の「偽ニュース」をローカルニュース枠でひんぱんに流した。かつて2001年、911の際、イラク戦争に向かうブッシュ大統領支持のコメントをキャスターたちが一斉に読み上げたという前歴もある。
 70年代にメリーランドの小さな局として身を起こしたシンクレアは、放送の公正原則撤廃などの規制緩和の波に乗り、買収を重ね現在193局を所有する。最近42局のトリビューンメ系列を39億ドル(4100億円)で買収すると発表、更に巨大化する。一社がテレビ市場の39%以内に制限するというルールを大幅に超える。連邦放送通信委(FCC)のアジト・パイ委員長はトランプ大統領が任命した規制撤廃派だ。一斉放送は、買収認可を得るため戦術でもあるとみられる。
 日本でも、安倍内閣が放送法4条(公平条項)や放送局保有制限など一連の規制を解除し、右翼的な偏向報道、偽ニュース、いかがわしいネットニュースに道を開こうという方針を出した。公正報道を無視した政権べったり放送が日本でも生まれかねない。世論の強い反発でやや後退したという報道(4/17)もあるが、「通信と放送の融合」、「規制緩和」などの文言にだまされるわけにはいかない。(すみいたかお ジャーナリスト)

4/23/18 赤旗ラジオテレビ面コラム「波動」に掲載された
posted by media watcher at 17:32| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ