2017年04月30日

 安斎育郎絵手紙展に行きました。

1704 安斎DSCN0566.JPG1704 絵手紙礼状IMG_3434.JPG1704 安斎IMG_3428.JPG1704 絵手紙展トークimages.jpg1704 絵手紙展案内IMG_3435.JPG
 安斎育郎絵手紙展
 4月23日日曜日、安斎育郎さんの絵手紙展最終日に駆け付けた。場所は京都府立医大を上がったJARFO京都画廊で開かれた。絵手紙は安斎さんのコミュニケーション手段。私も一度「安斎科学平和事務所」に資金カンパをした際、絵手紙をいただいた。科学者であると同時に豊かな芸術心、絵心の持ち主だ。たまたま私が訪れたときに、トークショウが開かれていた。東大医学部放射線理学教室助手だった時、原発を批判したことが原因となり、監視が付くなどアカデミックハラスメントを受けた。トークショーのなかで改めて体験談を聞くことができた。
 私の友人でNY在住の飯塚国夫展を2004年に「平和ミュージアム」で開催したことがある。広、長崎広島原爆や911のNY崩壊を描いた大作の展示にあたって、当時ミュージアム館長だった安斎さんにはひとかたならぬお世話になったことを改めて思い出した。
 その後4月26日付で「絵手紙のお礼状」をお送りいただいた。忙しい方なのに、なんと筆まめでしょう。
 今でも「福島プロジェクト」で毎月福島を訪れておられる。「福島プロジェクト」は放射線防護学者である安斎さんをチーフにした科学者、エンジニアのグループで、毎月決まって三日間福島を訪れ、放射能の測定、ホットスポットの除染、報告書の発刊、住民へのアドバイスなどの活動をされている。
 まことに得難い方だと思う。
posted by media watcher at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449478650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ