2017年02月15日

1月27日、終末時計進む、2分30秒、トランプ発言、大統領令(「米軍再建」)が影響

1702 終末時計IMG_3169.JPG1702 終末時計IMG_3171.JPG1702 終末時計IMG_3171.JPG
 1月27日、終末時計進む、2分30秒、トランプ発言影響
人類滅亡をカウントしている「終末時計」(Doomsday Clock) の針が1月27日、2年ぶりに30秒進み、2分30秒を残すまでになった。
 この時計は科学雑誌「Bulletin of Atomic Scientists」が1954年から発表している人類滅亡までの残り時間。
 核兵器による地球の破滅が中心課題だが、ほかにも、地球温暖化による破滅、戦争の危機なども計算して決められている。一昨年2015年、昨年2016年は終末3分前という針は動かなかった。しかし、アメリカの新大統領ドナルド・トランプは就任前の昨年12月22日、「米国は核兵器を強化すべきだ」とツイッターで語ったことが大きく影響したとみられる。同じ日プーチンも戦術的核戦力の軍事能力を強化する必要があると発言、ウクライナ問題に際しては核使用も検討したと述べていること、温暖化を否定するような発言をトランプ大統領が繰り返していることも影響している、とCNNなどアメリカのメディアは報じている。
 トランプ氏は大統領就任後の1月27日、「米軍再建」の大統領令に署名したが、その中には核装備強化、近代化が含まれている。
 終末時計は1991年の冷戦崩壊時に17分に後退した。オバマ前大統領が核兵器廃絶を打ち出して時計の針は一時足踏みしていたが(2010年6分前)、北朝鮮の核開発、福島原子力発電所の事故(2012年5分前)などがあり、じりじりと進み続けている。20015年には気候変動や、核軍拡などを反映し3分前になっていた。
1702 終末時計IMG_3169.JPG1702 終末時計IMG_3171.JPG
posted by media watcher at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ