2016年03月08日

スキャンダルでも下がらない自民党支持率、メディア世論調査の怪。投票とは無縁の「当確」

 この記事は、月刊誌「組織と宣伝」(機関紙協会京滋支部)  2016年3月号に掲載された

 甘利明経済再生大臣が1月28日辞任した。大手メディアは、安倍内閣の大黒柱、TPP交渉の立役者である甘利氏が居座るだろうと見ていたため、「辞任します」の一言に驚きが走った。大臣室で50万、地元事務所で50万合わせて100万円を受領したことは記者会見で本人が認めた。虎屋の羊羹の菓子折包みの中に封筒があり、取りだしてポケットにねじ込んだという報道もあって驚かされる。
 道路工事からみの補償金(2億2000万円)を都市再生機構URから引き出すため建築S社が甘利事務所に口利きを依頼、見返りに賄賂が渡されたのだ。週刊文春によればほかに500万円が甘利事務所に渡り、また800万円近い現金や飲食接待があり、更に選挙関連で100万円が秘書に渡されたと言う。

 大手メディアの本格報道欠落
 海外メディアも「安倍内閣の最大のスキャンダルだ」(1/28BBC)と報道した。しかし安倍内閣は打撃を受けなかった。支持率は上昇さえしている。読売54%→56%、共同49.4%→53.7%、毎日43%→51%(いずれも12月調査と辞任直後の1月30日、31日調査)。
 同じ時期、メディアが大々的に取り上げたSMAP解散報道、ベッキー不倫報道などで世論の興味が分散、また日銀のマイナス金利のインパクトが強かった、などが理由に挙げられている。週刊文春に情報に頼り切り、新聞、テレビなどの大手メディアの本格的な調査報道はほとんど見られなかった。それが支持率維持の主要な原因ではないかと私は思う。

 汚職報道は雑誌先行
 政治家の汚職、金銭不祥事は雑誌の独壇場の感がある。1974年10月、「文藝春秋」11月号が「田中角栄研究−その金脈と人脈」(立花隆)という特集を組んだ。海外の大手紙に取り上げられ、プレスクラブでの会見が開かれるに及んで一大政治問題となり2ヶ月後の内閣総辞職(12月9日)に至った。大手紙は「知っていたが書かなかった」。週刊誌の記者は「記者クラブ」に囲い込まれることなく、また「番記者」のように政治家と親密になることもないことが、スクープ連発の原因とみられる。
 安倍内閣になってからでも、週刊誌が先行している。西川公也農水相(親族企業からのお歳暮代を受領、14.10.27週刊ポスト、15年2月辞任)、塩崎恭久厚労相(特養ホーム開設の口利き、14.10.11週刊ポスト、辞任せず)、週刊新潮が報じた小渕優子経済産業相の政治資金疑惑(14.10.13)も、新聞各紙は週刊誌の記事を後追報道に止まった。

 正確さ欠く電話調査
 メディアは「政党支持率」調査、選挙予測報道に力を入れる。だが2012年の衆議院選挙の直前(12月)の大手紙政党支持調査では、自民党への支持が毎日新聞17%、朝日新聞22%、読売新聞26%という大きな開きが出たことが「当てにならない」という印象を強めた。質問項目の表現、調査対象の選定などによるバイアスが働くためだ。
 メディアの世論調査には電話によるRDD方式(Random Digit Dialing) が多用されている。面接調査に較べ安価で結果が早く出せるからだが、大きな欠陥がある。日中在宅しない人、共働き世帯、病院や施設の医療弱者、障害者、ケータイ依存の若者などが母集団から除外されているのだ。アメリカではiPhoneやSkypeなどITが主要な情報手段になってきたため、固定電話偏重の世論調査を変える動きになっている。支持政党世論調査は、勝ち馬への投票を促すマイナス効果が顕著であるため、フランスなど16ヵ国で選挙事前調査を禁じているただし、世論調査禁止は報道の自由を侵害するという側面がある。

 幻の推計「当確」
 選挙報道ではテレビ各局は開票終了の瞬間(午後8時)に「当確」を速報する。蓄積している事前情報を解析、これに出口調査を重ねる手法である。統計学として「正確」であったにしても、市民が記入した投票用紙とは無縁の架空推計でしかない。市民の選挙に託した思いに対する冒涜であり、「当確」報道は見直されるべきだ。 アメリカの大統領選挙では2000年11月、ブッシュ対ゴアの開票結果が混乱した。以降アメリカでは選管の開票結果を尊重し、「当確」を発表しない。
 日本のメディアが報道姿勢を改め、世論調査の手法を変える必要が痛感される。
posted by media watcher at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ