2011年10月31日

誰も望まなかったのに、NHK受信料値下げ、012年10月から、どうするニュース報道改善、権力からの独立、ネット時代の視聴者離

誰も望まなかったのに、NHK受信料値下げ、2012年10月から、
どうするニュース報道改善、権力からの独立、ネット時代の視聴者離れ

値下げ特典は自動引き落とし、振り込みの場合、赤字37億円覚悟
NHKは10月24日の経営委員会の承認を経て、月額最大120円の受信料値下げを含む平成24年度−26年度三ヶ年の経営計画を発表した。受信料の減免は2012年10月から。銀行自動引き落としかカードによる支払いのばあい月120円、コンビニなどからの振込の場合月額70円。
NHKは、2008年度当時の安部政権下、政府の強い要請を受けて受信料10%値下げを検討してきたが、その後の不況の深刻化、震災による大規模被害などを受けて、値下げ幅を7%にとどめることになった。しかし同時に災害機能強化費0.6%,106億円、震災2.4%402億円を加えれば受信料還元は10%になるとしている。
一方受信料の支払い率を3ポイント上げ197万件増、収納率97%にする、280人の人員削減を行うなどの経営度努力が盛り込まれたが、それを加味しても3カ年の赤字は37億円となる。
3カ年の計画の中では動画サービスの向上、スーパーハイビジョンSHVの実用化があげられている。NHKでは番組のインターネットライブ送信の実現やネット視聴の有料化も検討中だがが、これにたいしては民放やIT業界の一部から、NHKの巨大化、情報独占のつながりかねないとの、強い懸念がでている。

誰も望まなかった値下げなのに、過去の政府が推進役
今回の受信料値下げは、視聴者が望んだものではなかった。ましてやNHK経営陣も望んでいなかった。政治のNHKへの介入が発端にあったのだと私は見ている。
2004年紅白歌合戦プロデューサーの制作費府不正支出など一連の不祥事がきっかけになった。
NHKに対する世論の批判は、長期政権であったNHK海老沢勝二会長の巨大化、メディア覇権路線にも向けられ、受信料不払いの激増という形で噴出した。2005年海老沢会長は任期途中での退陣に。NHK見直し、改革が必至という状況となった。
当時の小泉純一郎政権はこれを好機ととらえ、受信料を放送法で義務化することと引き替えに受信料20%の値下げという案を示してNHKに構造改革路線を迫った。さらに2008年には安倍晋三首相(当時)が選任したNHK経営委員長古森重隆氏はNHK福地会長等の反対を押し切り、受信料の10%還元を経営計画に明記させた。搦め手から言論報道機関への圧力を加え、政権への協力を期待した動きだといえるだろう。
今回もまた、経営陣は月額70円の値下げを提案したが、経営委員会が値下げ幅の上積みを要求、結局、災害対策費などを削って120円に落ち着いたという経過をたどっている。
市民、視聴者はNHKの政治権力からの独立、経営の透明化、公正なニュース報道、番組の充実、放送サービスの拡大などを求めているのであって、値下げを求める動きはほとんど皆無である。

ネット時代の公共放送について、方針が出ていない?
今回の3カ年経営計画の策定にあたっては、NHKが直面する課題について何らかの検討が加えられという形跡は見当たらない。
しかし、誰でもが知っているように、放送のデジタル化によってBS、CSなどでチャンネルが拡大、地上波そのものも一局で3波の番組編成が可能になった。またインターネットの情報メディアとしての価値が高まっている中、視聴者ばなれも進んだ。公共放送NHKのあり方に根本的な検討を加える必要が生まれていることは間違いない。
ニュース報道番組、娯楽番組、ドラマなどのインターネットへの番組配信をどうするか、民放とも協議して方針を決める必要に迫られている。
受信料体系も今のままで良いのかどうか、NHKが占有する財源なのか、あるいはメディアの新しい発展の中で配分を考えるなど再検討が必要だ。不払い者に対してしきりに裁判での取り立てを行っているが本当にその方法で良いのかも疑問だ。また市民、視聴者の声が反映しにくい機構になっていることも再三指摘されている。
今回の3カ年計画の中に停電でも対応できる電源設備を備える、という項目が見受けられる。しかし災害対策を設備の枠にとどめるわけにはいかないだろう。
震災、原発報道を通じて、記者クラブ依存のニュース報道の改善、調査報道のいっそうの充実も必要だと視聴者みんなが痛感している。現場の制作者たちの思いも同じだが、現実には、取材制作に回る予算はじりじりと削減されている。
公共放送NHKをどう改革、発展させるのか、市民、視聴者全体での論議が必要だと思う。
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20111027k0000m070141000c.html
ラベル:NHK 受信料 値下げ
posted by media watcher at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ