2011年06月04日

日本国民高い回復力示す、アメリカ援助への評価は突出、ピュー・リサーチ・センターの調査結果発表、6月2日

 日本国民高い回復力示す、アメリカ援助への評価は突出、ピュー・リサーチ・センターの調査結果発表、6月2日

 6月2日アメリカのピュー・リサーチ・センターの発表によると、震災後調査で日本国民の回復への弾力性が高いということがわかった。多くの日本人は震災のために日本が弱くなるのではなく、立ち直って強くなると答えている。
 アメリカでは回復力高い日本民衆(Resilient Public)として報道されている。
そのほかの結果では政府や東電の対応に批判的である一方、自衛隊の活動には拍手を送った。また数多くの国から援助が寄せられたなかで、米国の援助への感謝が突出しており、EU、国連、中国がこれに続く。自衛隊も圧倒的多数の市民の賞賛を受けている。
 主な数字は次の通り。
 震災経験で日本は強くなる 52%、弱くなる32%、
 5年後の経済、楽観的29%、変わらない36%、悲観的31%
 向こう一年、経済悪化する52%、
 自衛隊はよくやった、95% 、メディア報道よくやっている54%、
 政府よくやった20% 、だめだった78%、菅よくやった18%、だめだった79%、東電よくやった11%、だめだった86%
 アメリカの援助がとてもよかった、57%、よく援助してくれた、32%(EU17%、49% 国連15%、34%、中国12%、38%)、
 放射能心配だ59%、心配ない40%
 原子力現状維持46%、依存減らす44%、増やす8%
 この調査は2011年4月から5月にかけて700人の日本市民を対象に行われた。
http://goo.gl/ZSLIL; http://tinyurl.com/4y4m627
posted by media watcher at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ