2020年08月31日

戦争を語り継ぐ




2008 24,1戦争童画集IMG_0308.jpg2008 24,2吉永IMG_0309.jpg2008 9,3長崎下平IMG_0310.jpg

写真、1.戦争童画集(NHK8/24)、戦争童画集の進行役吉永小百合さん、「長崎が壊された日」(NNNドキュメント8/9)で原爆の恐怖語る、下平作江さん
 広島原爆投下、長崎原爆投下、そして終戦。私たち日本人にとって忘れることのできない日々が巡ってきた。忘れられない戦争の記憶は私にも鮮明に残る。それを新たにしてくれるのが、一連の「終戦特集」だ。今年も「沖縄戦、出口なき戦場」(8/2NHKスペシャル)、「焼き場に立つ少年をさがして」(ETV特集8/8)、「終戦75年スペシャル、女性たちの8・15 」(TBS8/15)、「明子のピアノ、被爆したピアノが奏でる和音」(BSプレミアム8/15)など心に残る多くの番組が放送された。
 中でも「長崎が壊された日」(8/9NNNドキュメント)で下平作江さんが85歳の今も悲惨な長崎原爆体験を語り続ける姿に心打たれた。下平さんは10歳のとき被爆した。40歳まで被爆体験を“つらすぎる”と語らないできた。しかし「体験したものでなければ語れないことが多くある」と考え、以来訴えを続けてきている。
彼女の最大の気がかりは、被爆の体験をどうしたら次の世代へ伝えて行けるのかということだという。私も下平さんと同年代。若者への伝承は私自身の課題でもある、そういう思いで多くの番組を見た。
 吉永小百合さんも戦争を語り続けている。終戦の年生まれであるが、広島を舞台にした「愛と死の記録」、沖縄戦を描いた「あゝひめゆりの塔」など戦争にかかわる数多くの映画に出演しその苛烈さを知った。そして反戦詩の朗読などに力をそそぐ中、いつしか彼女のもとに戦争体験者や被爆者から手紙がくるようになった。その数およそ5000通。
最近それらの手紙を公開した。同時に映画監督山田洋次さん、音楽家坂本龍一さんらと語らい、これらの手紙や手記をもとにした番組作りに参加した。
 広島の原爆投下と沖縄戦のひめゆり学徒を、現在のコロナ禍と絡めて描いたオムニバス・ドラマ「戦争童画集〜75年目のショートストーリ」(NHK8/24)はこうして生まれた。番組案内役を吉永小百合さん自身が演じた。
 広島、長崎の被爆者平均年齢は83.31歳に達しているという(厚生労働省調査)。「戦争を語り継ぐ」ということは、終戦から75年の今年の最重要テーマだと改めて思った。(ジャーナリスト、すみいたかお)

赤旗ラジオテレビ欄コラム「波動」8月31日掲載 隅井孝雄

posted by media watcher at 18:06| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦争を語り継ぐ

2008 24,1戦争童画集IMG_0308.jpg2008 24,1戦争童画集IMG_0308.jpg
写真。1.戦争童画集(NHK8/24)、戦争童画集の進行役吉永小百合、「長崎が壊された日」(NNNドキュメント8/9)で原爆を語る下平作江さん
 戦争を語り継ぐ
 広島原爆投下、長崎原爆投下、そして終戦。私たち日本人にとって忘れることのできない日々が巡ってきた。忘れられない戦争の記憶は私にも鮮明に残る。それを新たにしてくれるのが、一連の「終戦特集」だ。今年も「沖縄戦、出口なき戦場」(8/2NHKスペシャル)、「焼き場に立つ少年をさがして」(ETV特集8/8)、「終戦75年スペシャル、女性たちの8・15 」(TBS8/15)、「明子のピアノ、被爆したピアノが奏でる和音」(BSプレミアム8/15)など心に残る多くの番組が放送された。
 中でも「長崎が壊された日」(8/9NNNドキュメント)で下平作江さんが85歳の今も悲惨な長崎原爆体験を語り続ける姿に心打たれた。下平さんは10歳のとき被爆した。40歳まで被爆体験を“つらすぎる”と語らないできた。しかし「体験したものでなければ語れないことが多くある」と考え、以来訴えを続けてきている。
 彼女の最大の気がかりは、被爆の体験をどうしたら次の世代へ伝えて行けるのかということだという。私も下平さんと同年代。若者への伝承は私自身の課題でもある、そういう思いで多くの番組を見た。
 吉永小百合さんも戦争を語り続けている。終戦の年生まれであるが、広島を舞台にした「愛と死の記録」、沖縄戦を描いた「あゝひめゆりの塔」など戦争にかかわる数多くの映画に出演しその苛烈さを知った。そして反戦詩の朗読などに力をそそぐ中、いつしか彼女のもとに戦争体験者や被爆者から手紙がくるようになった。その数およそ5000通。
 最近それらの手紙を公開した。同時に映画監督山田洋次さん、音楽家坂本龍一さんらと語らい、これらの手紙や手記をもとにした番組作りに参加した。
 広島の原爆投下と沖縄戦のひめゆり学徒を、現在のコロナ禍と絡めて描いたオムニバス・ドラマ「戦争童画集〜75年目のショートストーリ」(NHK8/24)はこうして生まれた。番組案内役を吉永小百合さん自身が演じた。
 広島、長崎の被爆者平均年齢は83.31歳に達しているという(厚生労働省調査)。「戦争を語り継ぐ」ということは、終戦から75年の今年の最重要テーマだと改めて思った。(ジャーナリスト、すみいたかお)

 赤旗ラジオテレビ欄コラム「波動」8月31日掲載 隅井孝雄
posted by media watcher at 17:55| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

拡大路線転換でNHKどうなる、有料視聴者4522万世帯、国内10種類の送信チャンネル+ワールドテレビ、17言語のラジオ放送、ワールド・オンライン

2008 NHK3ヵ年計画衛星2波IMG_0303.jpg2008 前田会長NHK変えるIMG_0302.jpg  
 NHKはこの8月4日、2021年〜23年度の中期経営計画を発表した。NHKのこの計画は安倍政権の規制改革推進会議に迫られたもので、その意向に応じて、2023年度までに2波あるAMラジオの一本化、NHKBS1の放送の廃止を行うとともに受信料収入を6000億円台に抑制する。
 拡大路線歩の歩み続けてきたNHK
 NHKは2018年12月から衛星放送による、4K,8Kの2チャンネルの放送を開始した。新型衛星によるスーパーハイビジョン放送であり、受信するには新型受像機が必要だ。
 さらに2020年4月から、NHKの総合とEテレの番組をインターネットで視聴できる「NHKプラス」が開始された。このシステムでは番組検索の機能があり、「見逃し番組」を見られるほか、追いかけ再生もできる。「NHKプラス」は放送の補完サービスであるため、受信契約者の家庭では、申し込めば誰でも視聴できる。
 このようにNHKは巨大化を進めてきた。それに拍車をかけたのは2017年12月に最高裁が「受信料徴収は合憲だ」との判断を示したのがきっかけだ。
 巨大単一メディアNHKを抑制したい。
 NHKの受信料不払いが減少し、経済不況が進行したにもかかわらず、受信料収入は700億円を突破、増収傾向がつづいた、
しかし政府の規制推進会議はインターネット時代の於ける「通信と放送の一体化」を目標にして、NHKにネットの同時放送を認める一方、放送分野での拡大路線に若干の歯止めを加えたいという意向をもつ。これまでのNHKの拡大路線に対しては、新聞協会や民放連も一定の抑制を求めてきた。
 NHKは2年前12月に鳴り物入りで4K,8Kテレビ放送を開始した。現在新型受信機出荷台数は477万台(7/21A-PAB調査)に止まり、NHK受信契約合計は45,227,630万件(2020年4月末)の10.5%にすぎない。
 一方、インターネット上で視聴できる「NHKプラス」は、NHK総合とETVが視聴でき、見逃し、追いかけ視聴もできる「NHKプラス」は開始早々に契約申し込者が30万世帯を突破するなど、好調な滑り出しだ。
 NHKの持つチャンネルは、AMラジオ2チャンネル、FMラジオ1チャンネル、地上波テレビ放送2チャンネル、衛星テレビ2チャンネル、高精細度衛星テレビ(4K,8K)2チャンネル、ネット配信NHKプラス(総合、ETV、見逃し、追いかけ)の10種類。
 このほかにもNHKは海外向けに、NHKワールドテレビ(英語)、NHKワールド・プレミア(日本語、海外居住日本人向け)、NHKワールド・ラジオ日本(17言語)、NHKワールド・オンライン(英語)などを持つ。
 受信契約世帯数4522.7万世帯(2020年)、総収入7204億円(2020年度)、従業員数10,343人(2020年度)、関連会社14社、世界にも類をみないほど巨大な単一メディアだ。
 受信料に「最高裁」がお墨付き
 NHKの基礎は、7000億円を越える受信料収入だ。一時期受信料不払いに悩まされた時期もあるが、2017年末に最高裁判所が「受信料合憲」の判断を出して以降、受信料収入は右肩上がりだ。
 2019年10月、政府の要請を受けたこともあり、受信料支払いに伴う消費税の引き上げを行わず(実質2%の引き下げに相当)、更に2020年10月にさらに地上契約、衛星契約の受信料を2.5%引き下げることも予定した。受信料収入は6000億円台に抑制するのだという。
 前述のようにラジオ(第二)とBS1を削減するほか、実際にはほとんど見る人がいない8Kテレビも放送を打ち切るだろうとみられている。
8Kはもともと2020年に開催するはずだ「東京五輪を8Kで全世界に放送したい、デジタル技術力を世界に誇りたい」という安倍首相とNHKの思惑が一致して出現した。しかし、来年夏に延期された東京五輪が開かれるかどうか、疑問視されている。今やほとんど無用の長物と化した8Kテレビ衛星は五輪に備えて、建前上2021年秋までは上空に止まるであろう。
 拡大路線からの転換というが、NHKが巨大メディアであるということに変わりないだろう。(隅井孝雄)

民放OB会、2020年9月号

posted by media watcher at 20:15| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギターとピアノ弾き語りの名手、新井英一を聴いてください

IMG_0304.jpg 
 新井英一という歌手知っていますか。1950年福岡生まれ。父親が朝鮮生まれ、母親が日本人、本人は自らを「コリアン・ジャパニーズ」といいます。今はギターを手に、日本の各地を訪れて歌っています。
 1995年、「清河(チョンハ)への道」でレコード大賞の「アルバム大賞」を受賞しました。それがきっかけで「筑紫哲也ニュース23」のエンディングテーマとなり、当時の日韓友好の推進役を果たし、話題になりました。曲は朝鮮半島の中ほどの、父親の生まれた街「清河(チョンハ)を訪ねる旅を歌った48番にも及ぶ大曲です。
 私が司会するコミュニティラジオの音楽番組で、今回は長年にわたって世界の歌を歌い続けてきた新井英一の特集をしました。彼が歌うアメリカの曲、歌手生活の初期の曲を集めました。新井英一さんとは30年来のお付き合いです。(8月19日放送)
 放送したのは「愛しのジェニー」(古いブルースで、原曲は聖ヨハネ病院、St. James Infirmity)、アイ・ジョージのヒット作「ガラスのジョニー」、日本に1936年に入ってきた古いジャズ「私の青空」(エノケンが浅草で歌った)、そして新井英一が自作の歌詞をつけた「アメージング・グレース」の4曲です。
 「清河への道」を聞きたい方は曲名タイトルで検索してください。YouTubeに入っています。

 新井英一、福岡市出身。韓国人の父親と北朝鮮と日本人のハーフの子として生まれ、自らを「Korean Japanese」と呼ぶ。15歳で家を出て、岩国の米軍キャンプで働き、ブルースのとりこになった。21歳の時貨物船でアメリカにわたり、皿洗いをしながら、ブルースを学んだ。帰国後内田裕也(妻は)見いだされ29歳でアルバム「馬耳東風」でデビュー
1995年アルバム「清河への道~48」を出し37回レコード大賞アルバム大賞を受賞した。
この曲が同年TBS「筑紫哲也News23」のエンディグテーマとなり、一躍世に知られる存在となった。
70歳を迎えた今も、元気いっぱい、全国を旅しながら歌いつ続けている

 ミュージックナウ 2020年8月19日
posted by media watcher at 16:10| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

ジャズ歌手としてデビューした石井好子

2007 1石井好子hqdefault.jpg2007 2若かりし頃、石井好子zaP2_G2529974W.jpg2007 石井好子IMG_0224.jpg
 画像、1、石井好子、2、若かりし頃の石井好子、3.この番組のパーソナリティー私
 シャンソンを日本に根付かせた石井好子、デビュー時にジャズ歌手だったこと知っていますか。 
 石井好子といえば、シャンソン界の草分けであり、牽引車でもあったことは知られています。また大物政治家石井光次郎が父であることも知られています。しかし東京音楽学校でドイツ歌曲を学んだこと、卒業後ジャズ歌手として舞台に立ったことは知られていません。
 森山良子の父森山久がバンドリーダーだった「ニュー・パシフィック・バンド」で歌い1945年「渡辺弘とスターダスターズ」の専属になりました。
 1954年サンフランシスコやパリに留学、たまたまシャンソンにふれたことが人生を変えました。
コミュニティーラジオの音楽番組、前回に引き続き、日本の歌手の歌うシャンソンです。日本のシャンソンを築き上げた石井好子特集。歌手生活45年記念CDでお送りします。
 シャンソンの歌詞には魂がこもっています。人生が込められています。それを置き去りにはできません。石井好子は、本場仕込みのフランス語を巧みに訳した日本語の両方で、シャンソンが奏でる詩的な世界を日本にもたらし、定着させた人でもあります。2020.7.11放送。
最初にお聞きいただいたのは「サンジャンの恋人」でした。サンジャン(St,Jhon)は、聖ヨハネ祭のことですが、フランス北部の地名にもあります。過ぎ去った淡い恋の思い出の歌です。
 シャンソンの名曲、「愛の賛歌」を石井好子の歌でお聞きください。日本語とフランス語の両方で歌います。エディット・ピアフの名曲です。
 次の曲は「愛のシンフォニー」です。過去の思い出の愛をしっとりと歌います・
石井好子は1961年「石井音楽事務所」を設立。後進の育成に専念しました。そして岸洋子、芦野宏、加藤登紀子、田代美代子らを育て上げました。1991年日本シャンソン教会を設立しました。1990年12月には歌手生活45年を記念、シャンソンの殿堂、パリのオランピア劇場リサイタルを開きました。日本人としては初めてのことです。
 最後に「愛しかない時」を聞いてお別れです。

1 サンジャンの恋人 Mon Amant de San-Jean 4 3:13
2 愛の賛歌 Hymne A L’amour 1 4:04
3 愛のシンフォニー Une Simple Melody 5 4:13
4 愛しかない時 Quand On N’a Que L’amour 7 3:23

posted by media watcher at 11:02| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ