2020年02月05日

民放キー局、ネット同時配信へ 秋以降、NHKに追随 共同通信2/1/2020

2002 民放同時配信IMG_5245.JPG2002 民放同時配信IMG_5246.JPG
 民放キー局5局が今秋以降、テレビ番組を放送と同時にインターネットに流す同時配信を始める方向で準備していることが1日、分かった。テレビ離れが進んでいるとされる若者層を中心に、スマートフォンなどで広く番組を見てもらうのが狙い。民放は採算が合わないと慎重だったが、3月から同時配信を始めるNHKに追随。放送と通信の融合が本格化する。(2/2京都新聞記事)
 地方局はこの動きに危機感を抱いている。
posted by media watcher at 14:41| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライザ・ミネリのニューヨーク・ニューヨーク

 ライザミミネリ1.jpgライザミネリNewyork,IMG_5244.JPG
 コミュニティ・ラジオの音楽番組で司会しています。今回の主役はライザ・ミネリ。父親が映画監督の、ヴィンセント・ミネリ、母親がジュディー・ガーランドという由緒ある名門の家に生まれました。1946年生まれ、73歳。まだまだ若い年代です。
 歌手として活躍する一方、17歳でミュージカルにデビュー、1965年19歳でミュージカルの最高の賞といわれるトニー賞を受賞しました。
 映画の世界でも、1972年に「キャバレー」でアカデミー賞とゴールデングローブ賞をダブル受賞した。芸能界の逸材です。
 それもそのはず、父親は映画「パリのアメリカ人」、「ボバリー夫人」、「ブリガドーン」など名作を生んでいますし、母親は「オズの魔法使い」、「スタア誕生」などに出演した名優です。
 ライザ・ミネリ自身はウイルス性脳炎に悩まされと時期もありますが、2010年映画「セックスアンドシティー」で奇跡の復活を遂げました。
 今日は、1977年に制作され、ライザ・ミネリが、ロバート・デニーロと共演した映画「New York New York」の中で彼女が歌った曲を4曲お送りします。1月22日に放送しました。
この映画は、サックス奏者ジミーと歌手フランシーヌの恋物語。歌は決して眠らない町ニューヨークを讃える歌です。
 1. The Man I Love. 3:17, 2-4
2. Theme From New York New York.  3:15, 4-6
3. But The World Goes Round. 3:55, 4-1
4. Once In a While. 2:12, 1-6

 映画ニューヨーク・ニューヨーク(1977年制作)あらすじ
1945年の対日戦勝記念日のニューヨーク。復員したジミーは、たまたまパーティで出会ったフランシーヌを強引に口説く。ジミーは文無しで乱暴な性格だったが腕利きのサックス奏者で、明るく優しいフランシーヌも実は歌手だった。二人はビッグバンド・ジャズの楽団に入ってツアーに出るが、短気でプライドが高いジミーの振る舞いによって、二人の関係とそれぞれの運命は変化してゆく。

posted by media watcher at 11:43| Comment(0) | 隅井孝雄のメディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Media watch.gif

隅井孝雄のメディア・ウォッチブログ